現地時間11月4日に開催されるプレミアリーグ第11節で、15位のエバートンと敵地で対戦する7位のブライトンが先発メンバーを発表。三笘薫が公式戦8試合連続で名を連ねた。

 三笘は直近のフルアム戦(1−1)で、その3日前のアヤックス戦に続いてフル出場。終盤は疲労が色濃く見え、珍しくボールが足につかないシーンも。ファンの間で過労を心配する声が続出した。
【動画】“本家”よりもキレキレ?「三笘とクライフターン」
 ただ、今週はミッドウィークの試合がなく、普段より少し長めの中5日でエバートン戦に臨む。調子自体は決して悪くない日本代表のエースは、久々にゴールを奪い、チームをリーグ戦5試合ぶりの勝利に導けるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

マドリー対シティの“久保争奪戦”はどちらが有利? 現地メディアが見解「ライバルがいない」「ファンが熱狂」
「ブライトンの攻撃力低下に繋がる」三笘薫のウイングバック起用を番記者はどう評価した?「相手DFを悩ませたが...」【現地発】

「ほんとに意味わからん」三笘薫の“神トラップ”に海外ファンも驚き! 走りながら右足でピタッ!「Mitrap」「ベルカンプを思い出す」