三笘薫が所属するブライトンは現地11月4日に行なわれたプレミアリーグの第11節で、エバートンとアウェーで対戦。1−1で引き分けた。

 この一戦で、貴重な同点ゴールを呼び込んだのが三笘だ。0−1で迎えた84分、左サイドでボールを受けると、対峙した相手MFジャック・ハリソンを切り返しで翻弄し、左足のクロス。これが敵DFアシュリー・ヤングに当たってオウンゴールとなった。
 
 エバートンの地元紙『Liverpool Echo』は採点記事で、ハリソンにチーム最低評価の「5点」をつけ、こう寸評を添えている。

「サイドで前へ行きながらバランスを提供し、あまり崩れずに頑張った。だが、ミトマに逆を取られ、同点とされた」

 三笘のフェイントがそれだけキレていたということだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「ありえない」ブライトンの元エースも驚嘆!三笘がキレキレのフェイントから誘発したオウンゴール

「ありえない所から生まれた」三笘薫がキレキレフェイントから誘発した劇的OGにブライトンの元エースも驚嘆!「ひどいゴールだが、本当に幸運」
「ブライトンの攻撃力低下に繋がる」三笘薫のウイングバック起用を番記者はどう評価した?「相手DFを悩ませたが...」【現地発】

マドリー対シティの“久保争奪戦”はどちらが有利? 現地メディアが見解「ライバルがいない」「ファンが熱狂」