久保建英が所属するレアル・ソシエダは現地11月4日に開催されたラ・リーガの第12節で、王者バルセロナとホームで対戦。後半アディショナルタイム1分にロナルド・アラウホにヘッド弾を許し、0−1で敗れた。

 4−3−3の右ウイングでフル出場した久保は、かつてカンテラ(下部組織)に所属していた古巣を相手に躍動。徹底マークを受けながらも、ドリブルで好機を作り出せば、決定的なシュートを放つなど小さくないインパクトを残した。
 
 スペインメディア『Futbol Fantasy』によれば、バルサのシャビ監督は試合後、「彼はワールドクラスの選手だ」と日本代表MFを称賛している。

「ボールを持っている時だけでなく、ボールを持っていないときも素晴らしかったと思う。彼がどのプレッシャーに耐えていたか...レアル・ソシエダは素晴らしいチームだと思う」

 スペイン人指揮官は、「イマノル(・アルグアシル)は素晴らしい監督だ。今日、彼らはそれを示した。リーグのほとんどのチームを確実に負かすであろう会場で、我々は勝点3を奪った。タケは並外れた選手だ」と続けている。

 敵将も認めた、好パフォーマンスだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】敵将シャビが絶賛!バルサを相手に久保が独走ドリブル&決定的な右足シュート

「バルセロナのDFを狂わせた」古巣の脅威となった久保建英、現地メディアがチーム最高評価で称賛!「監視を受けながら、ソシエダの攻撃を牽引」
「交渉は決裂した」なぜ久保建英は古巣バルセロナではなくマドリーを選んだのか? バルサ贔屓紙は皮肉「一度も公式戦に出場しなかった」

「バカバカしい金額」マンUが関心の久保建英、93億円の解除金は“安すぎる”とスペインメディアが主張!「信じられないレベルなのに...」