バルサの逸材を翻弄してみせた。

 現地11月4日に開催されたラ・リーガの第12節で、久保建英が所属するレアル・ソシエダは王者バルセロナとホームで対戦。圧倒的に攻め込みながらも、終了間際の失点で0−1と敗れた。

 チームは敗戦を喫したものの、右ウイングでフル出場した久保は躍動。随所にキレキレのプレーを披露した。

 とりわけ圧巻だったのが、10分のプレーだ。自陣でボールを受けると、相手MFガビのタックルをあっさりかわし、そのままドリブルで独走。チャンスを創出してみせた。
 
 このシーンには、ファンから「一瞬で抜き去ったね」「メッシ」「信じられない」「足出してくるのあえて待ってからギア上げて突破したな。久保はほんと緩急がすごい」「とにかく運ぶTake」「ほんと上手い!」といった声が上がった。

 ラ・リーガ王者を相手に堂々のパフォーマンスを披露した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「とにかく運ぶTake」「ほんと上手い!」とファン驚嘆!バルサの逸材ガビを抜き去った久保の独走ドリブル

「彼はワールドクラス」「並外れている」バルサ戦躍動の久保建英を敵将シャビも絶賛!「ボールを持っている時だけでなく...」
「バルセロナのDFを狂わせた」古巣の脅威となった久保建英、現地メディアがチーム最高評価で称賛!「監視を受けながら、ソシエダの攻撃を牽引」

「バルサの悪夢」「桁違いだ」古巣戦で躍動の久保建英、バルセロナ寄りメディアも脱帽!「彼からボールを奪うのに非常に苦労した」