現地時間11月4日に開催されたサウジアラビアリーグ第12節で、アル・ナスルはホームでアル・ハリージュと対戦。2−0で快勝を収めた。

 この一戦で圧巻の先制点を叩き込んだのが、アル・ナスルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだ。26分、ペナルティエリア手前でボールをもらうと、反転からキックフェイントで相手をかわして右足を一閃。強烈なミドルシュートをゴール右に叩き込んでみせた。
【動画】「ゲームみたいなシュート」「38歳とは思えない」と話題!C・ロナウドの圧巻ミドル弾
 このゴラッソにSNS上では、「膝の振りが異常に速い」「決定力、高すぎる」「怪物」「ゲームみたいなシュート」「ゴラッソ決めすぎだろ」「38歳とは思えないシュート」「威力がおかしい」などの声が上がっている。

 全盛期を彷彿とさせる見事なシュートを決めたC・ロナウド。ここまでリーグ戦11試合で12ゴール・7アシストと絶好調だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】まさにスタジアムの華! ワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
 
「8回のうち5回しか値しない」「W杯のゴールはほぼPK」メッシのバロンドール受賞を批判した名物記者の投稿にC・ロナウドが反応!「一緒に笑った」

各国記者のバロンドール投票結果が明らかに!日本は1位にメッシを選ばず、ポルトガルはまさかの…