三笘薫が所属するブライトンは11月4日に行なわれたプレミアリーグの第11節で、エバートンと対戦。先制される展開となるも、84分に三笘が供給したクロスがオウンゴールを誘発し、1−1で引き分けている。

 その日本代表アタッカーが十八番のドリブルで魅せたのが67分だ。左サイドでボールを収めると、対峙した敵DFアシュリー・ヤングをぶち抜いて、深く抉ってクロス。こぼれ球を狙ったパスカル・クロスのシュートは大きく外れてしまったものの、チャンスを創出した。

【動画】元ユナイテッドDFを翻弄した三笘のぶち抜きドリブル
 
 らしい突破に、ファンからは「ドリブルえぐい」「1対1だと止めれない」「やっぱ1vs1最強やな」「DF1人じゃほぼ無理」「マジでエグい」「1対1なら100%勝てる」といった声が上がった。

 かつてはマンチェスター・ユナイテッドでも活躍した元イングランド代表の名手を、手玉に取ってみせた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】元ユナイテッドDF翻弄したを三笘のぶち抜きドリブル

「ありえない所から生まれた」三笘薫がキレキレフェイントから誘発した劇的OGにブライトンの元エースも驚嘆!「ひどいゴールだが、本当に幸運」
「ミトマに逆を取られ、同点とされた」三笘薫に翻弄され、OG誘発を許したエバートンMFに地元紙が最低評価!「頑張っていたが...」

敗戦危機を救った三笘薫に現地メディアが最高評価!ただ期待の裏返し…寸評は厳しめ「貧相なパフォーマンスを埋め合わせた」