現地時間11月7日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第4節で、鎌田大地が所属するラツィオと上田綺世を擁するフェイエノールトが対戦した。

 この一戦に鎌田は公式戦6試合ぶりの先発出場。一方の上田は、6試合連続のベンチスタートとなった。

 立ち上がり、押し気味に試合を進めたのはラツィオ。11分、右サイドでボールを受けた鎌田がダイレクトで折り返したが、相手にクリアされる。さらに、すぐさま敵陣深くでボールを奪い返して、再びクロスを供給するも、味方には合わなかった。

 一方、徐々にペースを掴むフェイエノールトは、31分にチャンスを迎える。ティンベルのスルーパスに抜け出したヒメネスが左足のシュートを放つも、GKプロベデルにセーブされる。

 ラツィオは45+1分、カウンターからフェリペ・アンデルソンの浮き球パスに抜け出したインモービレがGKバイロウをかわして冷静に流し込んで先制に成功。このまま1点リードで前半を終える。
【動画】王者ナポリから左足で鮮烈弾!鎌田大地の移籍後初ゴール
 後半に入り、ラツィオは52分に鎌田に代わってゲンドゥジを投入。64分には、そのゲンドゥジが右サイドからクロスを供給したが、惜しくもカステジャノスには合わなかった。

 フェイエノールトは67分、左サイドでFKを得る。パイシャオンが蹴った鋭いボールにヒメネスが頭で合わせるも、わずかに枠を捉えられない。

 81分には上田を投入し、前線を2トップにして攻勢をかける。すると後半のラストプレーで上田が決定機を迎えたが、渾身のヘッドは決まらず。試合はこのまま1−0で終了し、ラツィオが勝利を飾った。

 次節は28日にラツィオはセルティックと、フェイエノールトはアトレティコ・マドリーとそれぞれホームで激突する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
 
日本代表、W杯アジア2次予選のメンバー構成はどうなる? “サプライズ”はない可能性が高い。選手を試すなら... 

三笘や鎌田らが不在、“1.5軍”でも難敵に快勝。最強時代の日本代表に求められる「招集を見送る決断」【小宮良之の日本サッカー兵法書】