上田綺世が所属するフェイエノールトは現地時間11月7日、チャンピオンズリーグのグループステージ第4節で、鎌田大地を擁するラツィオと敵地で対戦した。

 フェイエノールトは、スコアレスで迎えた45+1分にチーロ・インモビーレにネットを揺らされて先制を許す。

 後半に入って反撃に出るも、67分のサンティアゴ・ヒメネスのヘッドはわずかに枠を捉えられない。さらに後半アディショナルタイムのラストプレーで決定機を迎え、途中出場の上田が右からのクロスに頭で合わせたが、惜しくも決まらず。0−1で敗戦を喫した。
【動画】上田綺世、移籍後リーグ戦初ゴール!
 オランダメディア『Voetbal International』によると、フェイエノールトのアルネ・スロット監督は「負けた後の気持ちは察しがつくだろう。特に、相手に1回のチャンスをモノにされた場合はなおさらだ」と落胆した。

 さらに続けて、「我々はゲームをコントロールしていたが、得点に繋がらなかった。サンティアゴのチャンスはわずかに外れたし、終了間際のヘディングシュートもあと一歩だった」と多くのチャンスを作りながら、ノーゴールに終わった点を嘆いた。

 9月3日のユトレヒト戦(5−1)で移籍後初得点を挙げて以降、ゴールから遠ざかっている上田。次戦に期待だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
 
「恐ろしい。退場のはずがない」「見てきた中で最悪のジャッジだ」前田大然の“レッド判定”に現地ファンは怒り!一方で「正しい判断」との声も

三笘や鎌田らが不在、“1.5軍”でも難敵に快勝。最強時代の日本代表に求められる「招集を見送る決断」【小宮良之の日本サッカー兵法書】