日本サッカー協会は11月8日、ワールドカップ・アジア2次予選に挑む日本代表のメンバーを発表した。

 日本はW杯アジア2次予選で16日にパナソニックスタジアム吹田でミャンマーと、21日に敵地でシリアと相まみえる。

 招集されたメンバーは以下のとおり。

GK
前川黛也(ヴィッセル神戸)
大迫敬介(サンフレッチェ広島)
鈴木彩艶(シント=トロイデン/ベルギー)

DF
谷口彰悟(アル・ラーヤン/カタール)
中山雄太(ハダースフィールド/イングランド)
町田浩樹(ユニオン・サン=ジロワーズ/ベルギー)
毎熊晟矢(セレッソ大阪)
冨安健洋(アーセナル/イングランド)
伊藤洋輝(シュツットガルト/ドイツ)
菅原由勢(AZ/オランダ)

MF/FW
遠藤 航(リバプール/イングランド)
伊東純也(スタッド・ドゥ・ランス/フランス)
浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
南野拓実(モナコ/フランス)
古橋亨梧(セルティック/スコットランド)
守田英正(スポルティング/ポルトガル)
川辺 駿(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
鎌田大地(ラツィオ/イタリア)
相馬勇紀(カーザ・ピア/ポルトガル)
三笘 薫(ブライトン/イングランド)
前田大然(セルティック/スコットランド)
堂安 律(フライブルク/ドイツ)
伊藤敦樹(浦和レッズ)
上田綺世(フェイエノールト/オランダ)
田中 碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)
【PHOTO】ついに始まるW杯アジア2次予選、ミャンマー&シリア戦に挑む日本代表招集メンバー26人を一挙紹介!
 堂安、鎌田、相馬に加え、コンディション不良で10月シリーズ不参加だった三笘らも復帰。一方で負傷中の板倉と旗手は招集外となった。

 この顔ぶれに、「あれ?板倉?」「26人!?」「DF少なくね。トムの負担えぐくね」「普通に神メンツ」「ほぼいつも通り」「相馬キター」「2次予選ホームだけでも国内組でいって欲しかった…」「ワクワクするメンバーだな」「もっとJリーガーにもチャンス与えてほしいけどベストメンバーを選択したのか...」「そんなガチメンで行く必要あるの?」といった声が上がった。

 グループBでシリア、北朝鮮、ミャンマーと同組の森保ジャパン。2次予選は、4か国ずつが9組に分かれ、ホーム&アウェー方式の総当たり戦を戦い、各組上位2チームが最終予選に進出する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「最も優れた戦力を保有している」アジア杯の優勝候補、各国記者アンケートでダントツは日本! 韓国メディア集計「優勝するには最高のタイミング」

「強さ、速さ、ポゼッション... いい選手だなぁ」内田篤人が感嘆した日本代表戦士は?「チームにいて欲しい存在なんじゃないですかね」

「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響