11月8日、日本サッカー協会は、16日にミャンマー代表、21日にシリア代表とのアジア2次予選を戦う日本代表メンバー26人を発表した。

 10月シリーズはコンディション不良で選外や辞退となった三笘薫、鎌田大地、堂安律、前田大然らが復帰。22人が海外組(カタールでプレーする谷口彰悟以外が欧州クラブに所属)という現状の“ベスト布陣”となった。

 この豪華な人選にさっそく反応したのが、韓国メディア『Best Eleven』だ。「日本が11月のワールドカップ予選2連戦のリストを発表。26人中21人が欧州組、全ポジションに配置可能だ」と見出しを打ち、次のように伝えている。

【PHOTO】ついに始まるW杯アジア2次予選、ミャンマー&シリア戦に挑む日本代表招集メンバー26人を一挙紹介!
「計26人が盛り込まれた今回のリストには、三笘薫、久保建英などヨーロッパで大活躍中の日本代表選手たちが大挙乗船した。また、去る10月のAマッチで招集されなかった鎌田大地、堂安律なども声が掛かった。計26人のうち21人が欧州組だ」

 その顔ぶれに驚嘆しているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「最も優れた戦力を保有している」アジア杯の優勝候補、各国記者アンケートでダントツは日本! 韓国メディア集計「優勝するには最高のタイミング」

「強さ、速さ、ポゼッション... いい選手だなぁ」内田篤人が感嘆した日本代表戦士は?「チームにいて欲しい存在なんじゃないですかね」

「可愛さの破壊力すげぇ」「セクシー」なでしこ岩渕真奈が眩いビキニ姿を披露! 熊谷紗希とバカンスを楽しむ様子が反響