現地11月8日開催のチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節で、久保建英が所属するレアル・ソシエダがポルトガル王者のベンフィカとホームで対戦している。

 ソシエダは開始6分、右ウイングで先発した久保が3人を引き付けてパス。この攻撃の流れから最後はアイエンのクロスにメリーノがヘッドで合わせ、先制点を挙げる。

【動画】「しびれたなー」「普通にワールドクラス」と驚嘆の声!久保建英の“鬼キープ”
 11分には、バックパスをかっさらったFWオジャルサバルが冷静にゴールに流し込み、リードを広げる。

 さらに21分、久保が右サイドからドリブルで切れ込んで起点となり、逆サイドのバレネチェアがDFをかわしてシュート。3点目を奪う。

 その後、メンデスのPK失敗があったものの、ソシエダが3点をリードして前半を終えた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部 
 
「日本人は怒っていた」久保建英、バルサの俊英に苛立ちか。現地メディアが指摘した理由は?「試合終了後も収まらず...」
 
「バルセロナのDFを狂わせた」古巣の脅威となった久保建英、現地メディアがチーム最高評価で称賛!「監視を受けながら、ソシエダの攻撃を牽引」

「彼はワールドクラス」「並外れている」バルサ戦躍動の久保建英を敵将シャビも絶賛!「ボールを持っている時だけでなく...」