日本サッカー協会は11月9日、国際親善試合のU-22アルゼンチン戦に臨むU-22日本代表のメンバーを発表した。

 来年7月のパリ五輪を目ざすU-22日本代表は、今年最後の強化試合でアルゼンチンとIAIスタジアム日本平で対戦。このU-22チームにとって、日本国内で公式戦を行なうのは初めてだ。

 会見で大岩剛監督は、「U-22の日本代表としては初の日本開催。相手も非常に強いアルゼンチンということで、レベルの高い試合をしたいと思っていますし、見に来た観客の皆さんに楽しんでもらえる、ワクワクする試合をしたい」と意気込む。
【PHOTO】ついに始まるW杯アジア2次予選、ミャンマー&シリア戦に挑む日本代表招集メンバー26人を一挙紹介!
 また、約2年にわたって指揮してきたなか、このチームを初めて見る日本のファンに向けては、「発足当初からピッチでは攻撃的にふるまうスタイルでやってきた。2年近く経って、色々な選手が選ばれてきて、競争力など、積み上げてきて今のチームができている。我々のスタイルをしっかりと見せて、そのなかで結果も出せれば」とアピールした。

 相手は南米の強豪アルゼンチン。大岩監督は次のように分析する。

「アルゼンチンの選手の情報は集めていて、高いレベルのチームでプレーする選手もいます。南米はずる賢さ、局面の駆け引きの上手さがある。U-22アルゼンチン代表もそういうチームです。個々の力をしっかりと認識したうえで、我々が戦術的にも、技術的にも上回っていきたい」

 そのうえで指揮官は、「こちらもしっかり準備をして戦わないと痛い目にあう」と警戒した。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

強豪アルゼンチンに臨むU-22日本代表メンバーを発表! 松木玖生や藤田譲瑠チマ、バイエルンⅡで活躍中の福井太智らが選ばれる

「なんと22人が海外組」「3人追加で体調不良に備えた」森保Jの盤石なメンバー選考に韓国メディアが感服!自国代表との“違い”に嘆き「酷使論争があってもCBがたった3人」

「結婚してください」「アイドルみたい」U-22西川潤の“イケメン”っぷりに騒然! 韓国で「日本 10番」がトレンド入り