元日本代表の内田篤人氏が、MCを務めるDAZNの『内田篤人のFOOTBALL TIME』で、ラ・リーガで躍動する名手について言及した。

 リーガでは、レアル・ソシエダの久保建英が12節終了時点で6度のマン・オブ・ザ・マッチに輝く活躍を見せている。

 番組内で、その日本代表MFを凌ぐ8度のMOMを獲得している選手が紹介された。今シーズンからベティスでプレーするMFイスコだ。

【動画】内田篤人が驚嘆したスペイン人MFの圧巻プレー
 この情報が紹介されると、シャルケ時代に対戦経験もある内田氏は「まじ?イスコ先生!」と驚いた反応を見せ、「イスコ先生は上手だよ。移籍して伸び伸びとやれているのかな」とコメントした。

 31歳で全試合にスタメン出場している事実には、「まだ31歳なんだ。すごいね」と感嘆した。

 マラガ時代にも指導を受けたマヌエル・ペジェグリーニ監督の下、レアル・マドリーで一世を風靡した技巧派MFが第二の春を謳歌している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「あいつが本気でドリブルした時はほんまに凄い」「想像できへん抜き方」乾貴士が衝撃を受けたドリブラーは?内田篤人は「イメージがない」
 
「今の彼は私より優れている」手が付けられない久保建英をソシエダのスーパーレジェンドが大絶賛!「1対1で素晴らしいし、左足のシュートも上手い」

「クボの放出は間違っていた。失うべきではなかった」古巣戦で鮮烈パフォの久保建英、マドリーファンは売却に嘆き!「一人で圧倒した」