Jリーグは11月11日、J1第32節の6試合を各地で開催した。

 湘南はホームで名古屋と対戦。15分、23分に大橋祐紀が得点を挙げ、前半で2点を先行。63分に久保藤次郎のゴールで1点を返されたが、最後までリードを守り切り、2−1で勝利した。

 福岡はガンバ大阪を2−1で撃破。1点ビハインドで迎えた46分、山岸祐也のゴールで同点に追いつくと、89分にはルキアンのヘディングシュートが決まって逆転に成功。その後も上手く時計の針を進め、逃げ切りに成功。連敗を2でストップし、4試合ぶりの勝利を飾った。敗れたG大阪は5連敗となった。

 横浜FCは鳥栖と激突。10分にユーリ・ララのゴールで先制も、14分に堀米勇輝に決められて同点とされる。それでも45+7分にカプリーニがPKを沈め、勝ち越しに成功。89分には近藤友喜がチーム3点目を決めて勝負あり。3−1で勝利し、2戦ぶりの白星を掴み取った。

 鹿島対柏は1−1の痛み分け。札幌対広島、新潟対FC東京はともにスコアレスドローという結果に終わっている。
【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
 J1リーグ第32節の結果と今後の日程は以下の通り。

▼11月11日開催
札幌 0−0 広島
湘南 2−1 名古屋
新潟 0−0 FC東京
鹿島 1−1 柏
G大阪 1−2 福岡
鳥栖 1−3 横浜FC

▼11月12日開催
横浜 14:00 C大阪
川崎 14:00 京都
浦和 15:00 神戸

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

ガンバ、痛恨5連敗...クォン・ギョンウォン弾で先制も、ルヴァン王者に1−2逆転負け。J1残留決められず

出番減の鎌田大地、1年でラツィオ退団の可能性も? 伊メディアが“特殊な契約内容”を報道

一挙に20地域で代表校が決定! 早稲田実、名古屋、名護が悲願の初出場! 静岡学園、市立船橋など強豪・注目校が続々と本大会へ【選手権予選】