三笘薫が所属するブライトンは現地11月10日、アイルランド代表FWエバン・ファーガソンと2029年6月まで契約を延長したことを発表した。

 新契約にサインしたファーガソンは、母国のボヘミアンで2019年にトップチームデビュー。2021年1月にブライトンへ移籍し、昨シーズンにはクラブ史上最年少となる18歳72日でプレミアリーグ初ゴールを挙げた。
【動画】元イングランド代表DFを翻弄したブライトン三笘のドリブル
 今季はここまでリーグ戦で11試合に出場し、5ゴールを決めるなど成長著しい19歳に、チームを率いるロベルト・デ・ゼルビ監督は公式HPで、「エバンと新たな契約が結べて満足している」と喜びを口にしつつ、次のようにコメントした。

「彼には、とても大きな未来が待っている。エバンはまだストライカーとして、完成していない。改善の余地はあるが、これからも一緒に戦うことができて幸運だ」

 さらに、チームのテクニカルディレクターを務めるデビッド・ウィアーも「これからの成長を見守ることを楽しみにしている」と語り、さらなる活躍に期待を込めた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
「ありえない所から生まれた」三笘薫がキレキレフェイントから誘発した劇的OGにブライトンの元エースも驚嘆!「ひどいゴールだが、本当に幸運」
 
「ミトマに逆を取られ、同点とされた」三笘薫に翻弄され、OG誘発を許したエバートンMFに地元紙が最低評価!「頑張っていたが...」

敗戦危機を救った三笘薫に現地メディアが最高評価!ただ期待の裏返し…寸評は厳しめ「貧相なパフォーマンスを埋め合わせた」