現地時間11月11日に開催されたブンデスリーガ第11節で、浅野拓磨が所属するボーフムは、ケルンとホームで対戦した。

 前節のダルムシュタット戦(2−1)で2ゴールを決めて勝利に導いた浅野は、この日も4ー3ー3の右ウイングで先発した。

 立ち上がりからケルンの攻勢を受けるボーフムは15分、相手のCKからボックス内でシャボーにシュートを打たれたれるも、GKのリーマンが防ぐ。

 ホームチームも徐々にチャンスを作り始めると25分、左サイドのシュテーガーのクロスをホフマンがワントラップから反転シュート。これはGKに弾かれたが、こぼれ球をダシュナーが詰めて先制する。

 34分には浅野に決定機。華麗なターンで2人をかわしたホフマンのスルーパスに反応し、裏のスペースを抜け出すものの、対応したシャボーの好守に阻まれてシュートを打てず。ボーフムが1点リードで折り返す。
【動画】前節のダルムシュタット戦で浅野が決めた技あり弾
 しかし54分、自陣右サイドからマイナの折り返しをゼルケに決められて同点に追いつかれる。さらに60分にもティールマンにペナルティエリア外から強烈なシュートを打たれるも、リーマンの好セーブで事なきを得る。

 ボーフムは69分、ペナルティエリア手前からのFKのチャンスで、シュテーガーが直接ゴールを狙ったが、GKに弾かれる。こぼれ球に浅野が反応するも、相手にクリアされてしまう。

 72分にはCKからボックス内でボールを受けた浅野が、ワントラップからシュート。しかし、これもGKに防がれる。

 再三、決定機に絡むも勝ち越し弾が奪えなかった浅野は、80分にブロシンスキと交代。2戦連発とはいかなかった。

 その後も互いにゴールネットを揺らせないまま、1−1で終了。連勝を狙ったボーフムだが、勝点3を手にできなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地観戦する選手たちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
 
【日本代表の最新序列】三笘、久保、伊東の2列目がついに実現か。板倉を欠くCBは...

「26人中21人が欧州組」「全ポジションに配置可能だ」森保J、豪華なW杯予選メンバーに韓国メディアも驚嘆!「大活躍中の日本代表選手たちが大挙」