11月12日、J1リーグ第32節の3試合が各地で行なわれた。

 神戸は浦和と敵地で対戦。スコアレスで迎えた72分、大迫勇也の折り返しをマテウス・トゥーレルが頭で押し込み、先制点を奪う。ホセ・カンテに1点を返されたが、90+6分に大迫が土壇場で勝ち越し弾。2−1で勝ち切り、首位の座を堅持した。
【動画】神戸が首位キープ! 大迫が決勝弾
 横浜はホームにセレッソ大阪を迎え、2−0で快勝。41分にヤン・マテウスのヘディングシュートが決まって先手を取ると、45+1分にはエウベルが追加点をゲット。最後までリードを守り抜いて3連勝。勝点2差で神戸を猛追する。

 川崎対京都は点の取り合いの末、3−3の痛み分けという結果に終わっている。
 
 J1リーグ第32節の結果は以下の通り。

▼11月11日開催
札幌 0−0 広島
湘南 2−1 名古屋
新潟 0−0 FC東京
鹿島 1−1 柏
G大阪 1−2 福岡
鳥栖 1−3 横浜FC

▼11月12日開催
横浜 2−0 C大阪
川崎 3−3 京都
浦和 1−2 神戸

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
 
「走れない闘えない努力もしない口先だけは立派な史上最低イレブン」刺激的な横断幕と大ブーイング。異様な雰囲気に包まれた大宮アルディージャの最終戦セレモニー

「自分を含めて心が弱い」自動昇格のチャンス→4位フィニッシュ...エスパ指揮官が痛恨ドローに奮起「勝者のメンタリティをもっと植え付けろということ」