[J1第32節]横浜 2−0 C大阪/11月12日/日産スタジアム

 横浜F・マリノスは11月12日、J1第32節でセレッソ大阪とホームで対戦し、2−0で勝利した。

 41分にヤン・マテウスが先制点を奪うと、その5分にはエウベルが追加点をゲット。後半は相手の攻勢に耐え、勝点3を積み上げた。

▼横浜のチーム採点「6.5」
 攻撃陣のハイプレスが効果的だった。アンデルソン・ロペスと西村拓真がプレスをかけて相手にプレッシャーを与え、前半はやや優勢に試合を進めた。
 
 攻撃では前半にシュートが2度もクロスバーに嫌われたが、それでも2ゴールを奪った。

 特に印象的だったのは、エウベルとヤン・マテウスにボールが入った時の攻撃の仕掛け方だ。ドリブルで仕掛けるのか、それともパスを繋いでやり直すのか。その判断がはっきりしていた印象で、それが30節の北海道コンサドーレ札幌戦(4−0)、31節のアビスパ福岡戦(4−0)に続き、3試合連続で複数得点を奪えた要因だろう。

 また、下顎骨骨折で戦列を離れていた角田涼太朗が復帰を果たし、ヘッドギアを装着してのプレーながらも、アグレッシブな守備を披露していた点も、逆転優勝に向けて好材料と言える。
【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブのチアリーダーを一挙紹介!
▼横浜の出場16選手&監督の採点・寸評
GK:一森純|採点6/ハイラインを敷く守備陣の裏のスペースを的確にカバー。攻め込まれるシーンは限られたが、最後まで高い集中力でゴールを守った。

DF:松原健|採点6/惜しくもクロスバーに嫌われたが、33分には見事な切り返しから相手をかわしてシュートを放った。守備も安定感のあるプレーで無失点に貢献した。

DF:角田涼太朗(84分OUT)|採点6.5/下顎骨骨折の怪我を抱えるためヘッドギアを付けての出場も、その影響を感じさせない動きを披露。身体を張ったディフェンスも際立った。

DF:エドゥアルド|採点6/競り合いや対人守備で強さを発揮。ロングボールでショートカウンターの起点にもなった。

DF:吉尾海夏(76分OUT)|採点6/今節も左SBで先発。攻撃時は高い位置を取るため、序盤はJ・クルークスをフリーにしてしまう場面もあったが、ソツなくプレーした印象だ。

【動画】エウベルが2ゴールに絡む活躍!
MF:渡辺皓太|採点6/ダブルボランチの喜田とバランスを取りながら、いち早くセカンドボールに反応して回収し、チームにリズムをもたらした。

MF:喜田拓也(70分OUT)|採点6/ビルドアップではリンクマンの役割を担い、守備時も強度の高いプレスでボールを奪った。

MF:西村拓真(70分OUT)|採点6/11分にクロスバーを叩くシュートを打てば、守備時も真っ先にプレスをかけてコースを限定。攻守に存在感を放った。

FW:ヤン・マテウス|採点6.5/松原との連係から右サイドを崩し、チャンスメイク。ドリブルのテクニックの高さも光った。41分には左サイドから中央にクロスを供給すると、エウベルからの折り返しを自ら頭で詰めて先制点をゲット。

FW:アンデルソン・ロペス|採点6.5/ポストプレーで何度も攻撃の起点になった。45+1分には中央でボールを受けて相手を上手く引き付け、エウベルのチーム2点目をアシスト。

MAN OF THE MATCH
FW:エウベル(69分OUT)|採点7/持ち前のスピードとキレキレのドリブルで突破し、好機を演出した。そして41分にはY・マテウスのゴールをお膳立てすると、45+1分には右足でゴールも奪った。文句なしのMOM。
 
途中出場
MF:山根陸(70分IN)|採点5.5/喜田に代わって投入されると、攻守に求められるボランチのタスクをこなした。黒子役に徹した印象だが、もう少し存在感を示したかった。

MF:ナム・テヒ(70分IN)|採点5.5/中盤でボールを受けて敵陣に持ち運んだが、攻撃で違いを作ることはできなかった。

DF:上島拓巳(76分IN)|採点なし/相手との1対1に冷静に対応し、対人守備の強さを見せた。

MF:水沼宏太(84分IN)|採点なし/エウベルとの交代で左ウイングに入った。見せ場はなかったが、最後まで走り続けた。

FW:宮市亮(84分IN)|採点なし/本職ではない左SBに入るも、危なげないプレーで無失点勝利に一役買った。

監督:ケヴィン・マスカット|採点6.5/後半は何人かの選手が足をつるも、交代カードを切りながらしっかり乗り切り、チームを勝利に導いた。

取材・文●金子徹(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

なぜ久保建英はPKを蹴れなかったのか。キッカー2人が不在でボールを持つも...指揮官が顛末を明かす「何の疑いもない」

「退場は恥ずべき。まったくのジョーク」前田大然の一発レッド判定へ批判止まず!セルティックOBが審判を酷評「選手よりも大きな存在になりたがる」