現地時間11月11日に開催されたブンデスリーガ第11節で、日本代表FW浅野拓磨が所属する14位のボーフムは、最下位に沈むケルンとホームで対戦し、1−1で引き分けた。

 25分にダシュナーが先制点を決めるも、54分に失点。勝ち越しゴールを奪えず、悔しいドローとなった。
【動画】前節のダルムシュタット戦で浅野が決めた技あり弾
 前節のダルムシュタット戦(2−1)で2得点を決めた浅野は、この一戦に4−3−3の右ウイングで先発。34分にはフィリップ・ホフマンのスルーパスに反応し、スペースに抜け出すものの相手DFに阻まれる。72分にはCKで決定機を迎えたが、相手GKに防がれてしまった。

 再三の好機を活かしきれなかった浅野に、ドイツ専門紙『Kicker』は「何度もチャンスを外してしまうなど、ケルンのGK(マルビン・)シュベーベの存在感にアサノは何度も絶望した」と評した。

 さらに『sport1』も「何度もゴール前でミスをしてしまった。それが追いつかれる代償になった」とコメント。チームを勝利に導けなかった浅野だが、16日から行なわれる日本代表でのワールドカップ・アジア2次予選で悔しさを晴らすことができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「彼はレジェンド、スーパープレーヤーだ」2Gのボーフム浅野拓磨、チームメイトたちが絶賛!「安心感を与えてくれた」
 
【日本代表の最新序列】三笘、久保、伊東の2列目がついに実現か。板倉を欠くCBは...

「始まりにすぎない」技あり2発のボーフム浅野拓磨、指揮官が賛辞「強いタクマのおかげで勝てた」