2023年11月14日、FC東京の俵積田晃太が「2023明治安田生命J1リーグ10月度のKONAMI月間ベストゴール」を受賞。選ばれたのは、10月1日のガンバ大阪戦(29節)でのファインゴールだった。

 78分、左サイドからドリブル突破を仕掛けた俵積田は、敵陣の深い位置でジェバリと高尾に挟まれながらもヒールキックで高尾を股抜き。そこから反転してエリア内にボールを持ち込み、最後は右足でファーサイドのネットを揺らした。まさに、華麗な一撃だった。  

 試合後の囲み会見でゴールの感想を訊かれた本人は、「(センターサークル付近から)ドリブルしはじめて、股抜きもシュートも狙い通りに行って良かったです」とコメントしていた。
 
 俵積田は、受賞の喜びを次のように話している。

「10月の明治安田生命J1リーグ KONAMI月間ベストゴールに選んでいただけたことを本当に嬉しく思いますし、何よりも自分が一番驚いています。みなさんの記憶に残り、チームの勝利に繋がるゴールをこれからも積み重ねていきたいと思います。

ここからさらに良いプレーを続けていかなければ、ファン・サポーターのみなさんをはじめ、サッカーファンの方々に認めてもらえないと思っているので、この賞をいただけたことに満足することなく、挑戦し続けていきます。

FC東京U-15むさしから青赤を背負ってプレーしてきました。こうしてトップチームの選手として戦えることの喜びとアカデミー出身選手としての誇りを胸に、東京の“星”となれるように頑張ります」

構成●サッカーダイジェストTV編集部

​​​​「26人中21人が欧州組」「全ポジションに配置可能だ」森保J、豪華なW杯予選メンバーに韓国メディアも驚嘆!「大活躍中の日本代表選手たちが大挙」

【日本代表の最新序列】三笘、久保、伊東の2列目がついに実現か。板倉を欠くCBは...
「なんと22人が海外組」「3人追加で体調不良に備えた」森保Jの盤石なメンバー選考に韓国メディアが感服!自国代表との“違い”に嘆き「酷使論争があってもCBがたった3人」