日本代表は11月16日、2026年北中米ワールドカップ・アジア2次予選の初戦でミャンマー代表と対戦し、5−0で快勝。この試合で堂安律が決めた追加点に反響が集まっている。

 4−0とリードして迎えた86分、守田英正がゴール前に浮き球のパスを供給。これを堂安が走りながら華麗にトラップすると、左足のシュートでGKの股を抜き、冷静にゴールに流し込んだ。
【動画】堂安、華麗なトラップからの鮮烈弾!
 この技術の詰まった一撃にSNS上でファンも反応。「上手すぎる」「ナイスゴールです!」「決めてくれて良かった」「さすが代表の10番!」「トドメの一撃」「今季代表初ゴールおめでとう!!」「斜めに飛び出してきたのが、さすがの嗅覚」「嬉しすぎる!」「難しいゴール執念で決めてくれた!」「さすが股抜き王!」など称賛の声が上がった。

 W杯アジア2次予選で快勝スタートを切った森保ジャパン。次戦は21日に行なわれ、敵地でシリア代表と相まみえる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「あくびが出るほど退屈」再び日本に惨敗を喫したミャンマー、ファンは落胆「サッカーを教えられている」「またしても被害に遭った」
「来たくない選手は来なければいい」堂安律、欧州組の“招集不要論”に持論!「あとあと外されて文句を言う選手もいるんでしょうけど...」

「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」