クラブで出番がないなら代表で。そんな意地の一発だった。

 日本代表は11月16日、北中米ワールドカップ・アジア2次予選の初戦でミャンマー代表と対戦。5−0で圧勝した。

 この一戦で、やや驚きの先発出場を果たしたのが、右のインサイドハーフに入った鎌田大地だ。所属するラツィオで、セリエAでは8試合連続のベンチスタートという状況だったからだ。

 コンディションが懸念されるなか、中盤を完全にコントロール。11分に運ぶドリブルで上田綺世が決めた先制点の起点となると、27分には左足で圧巻のミドルを叩き込む。腰の違和感で前半のみのプレーとなったものの、改めて存在感を見せつけた。

 所属するラツィオでは、開幕直後こそ4試合でスタメン出場を果たし、王者ナポリからゴールも挙げたものの、チームが結果を出せないなか、マウリツィオ・サッリ監督は左インサイドハーフのルイス・アルベルトと鎌田が似たタイプのため、「バランス」を重視して同時起用を断念。「カマダは好きだが、使うのが難しい」とぼやきながら、フィジカルの強いマテオ・ゲンドゥジを右インサイドハーフで起用している。

 そして、本人が「一番難しいタスク」と語るように、チームの王様であるL・アルベルトとのポジション争いを余儀なくされているのだ。

【動画】鎌田大地の強烈なミドル弾!
 緻密な戦術家で知られるサッリは、少し頑固なところがあり、一度決めるとなかなかメンバーをいじろうとしない。L・アルベルトをなかなかローテーションで外さないため、日本代表MFの出番は激減してしまった。

 フィジカルやパワーはたしかにゲンドゥジに及ばないかもしれないが、鎌田は守備力が低いわけではない。ミャンマー戦の29分、即時奪回をしたプレーを見てもそれは明らかだ。サッリ監督には、ぜひこのシーンを見てほしい。

 相手によっては、L・アルベルトと鎌田の同時起用は可能だろうし、時にはスペイン人MFを休ませるのも必要だ。実際、「欧州一美しいサッカー」と絶賛されたナポリの監督時代も、メンバーを固定しすぎて、お決まりのようにシーズン終盤に失速。ユベントスの牙城を崩せなかった。

 もちろん、ミャンマーの実力はセリエAやチャンピオンズリーグのレベルとは程遠い。それでも、あえて言いたい。

「サッリよ、カマダのクオリティを見たか」と。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【PHOTO】日本代表のミャンマー戦出場16選手&監督の採点・寸評。2人に7点台の高評価。MOMはハットトリックのFW
「あくびが出るほど退屈」再び日本に惨敗を喫したミャンマー、ファンは落胆「サッカーを教えられている」「またしても被害に遭った」

「なんでもできる」「職人ぽい」上々デビューの佐野海舟を守田英正はどう評した? 記者陣を爆笑させた一言「嫌なんですけど(笑)」