[W杯アジア2次予選]日本 5−0 ミャンマー/11月16日/パナソニックスタジアム吹田

 2026年北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の初戦で、ミャンマー代表に5−0で大勝した森保ジャパンのことは、韓国でも多くのメディアが注目して取り上げている。

「“FIFAランク18位+アジア1位”日本、“ランク158位”ミャンマーに5−0完勝+B組先頭…上田ハットトリック」(サッカー専門誌『FourFourTwo KOREA』)

「“上田綺世ハットトリック”日本、ミャンマーを5−0で完破…北中米W杯に向けて順調なスタート」(スポーツメディア『SPOTV NEWS』)

「“北朝鮮と同組”日本、南野2アシストなどでミャンマー猛爆…5−0大勝」(ネットメディア『STNスポーツ』)

「日本サッカー、格下ミャンマー相手に主力欧州組除いて5−0大勝」(通信社『NEWSIS』)

「“アジアFIFAランク1位”日本、158位ミャンマーを5−0大破…B組トップ」(ネットメディア『OSEN』)
 
 なかでも、日本代表の圧勝ぶりを「破竹の勢い」と表現したサッカー専門メディア『InterFootball』は、ミャンマー戦を「試合序盤からコンセプトが明確だった」とレビュー。

「日本はハイラインを形成してボールを保持し、ミャンマーのゴールを狙った。そして、主にサイドからのクロスを通じて亀裂を生み出そうとした。一方、ミャンマーはディフェンスラインを非常に低く設定し、カウンターを基に攻撃のチャンスをうかがった」と両チームの戦略を分析した。

 ほかでは、国際Aマッチ7連勝・29得点という記録にネットメディア『エックススポーツ・ニュース』が注目し、次のように報じた。

「この日も日本は火力を爆発させ、直近の国際Aマッチ7連勝に成功した。連勝中は5失点を許した一方、29得点を決める攻撃力を誇示するなど、日本の勢いはとどまるところを知らない。3月のウルグアイ、コロンビアとの2連戦で1分1敗を収めた後、6月から始まった国際Aマッチをすべて勝利で飾っており、チームの雰囲気が絶頂に達している」

 また、スポーツ紙『スポーツソウル』も「昨年のカタール・ワールドカップで16強進出に成功した後、今年に入って森保監督体制がさらなるアップグレードに成功した。攻守で完璧なパフォーマンスを誇っている」と森保ジャパンの絶好調ぶりを評価。経済メディア『Mediapen』も「日本の今年の勢いは恐ろしい」と伝えていた。

【PHOTO】日本代表のミャンマー戦出場16選手&監督の採点・寸評。2人に7点台の高評価。MOMはハットトリックのFW
 
 同日には韓国代表もシンガポールとのアジア2次予選初戦で5−0と勝利しただけに、日韓を比較するメディアが多かった。特に、両国先発メンバーの“違い”について言及したのが、日刊紙『中央日報』だ。

「韓日両チームともスコアは同じだが、試合内容では差がある。シンガポール相手にソン・フンミン、キム・ミンジェ、ファン・ヒチャンら主力を全員起用した韓国と違って、日本は先発から多数の主力を外した。伊東純也、久保建英、遠藤航など欧州組の中核はベンチに座って休憩した。負傷で招集されなかった選手も考慮すれば、同日の日本の先発メンバーは2軍に近い戦力だった」
 
 ネットメディア『スポーツ韓国』も似たような論調で、「同じ5−0でも日本は体力案配。韓国はフンミン&ミンジェがフル出場」という見出しの記事を掲載。

 ソン・フンミン、キム・ミンジェ、イ・ガンインの主力3人をフル出場させたユルゲン・クリンスマン監督の采配に対し、「本当に休息を必要としている選手たちに休息を与えなかった。ソン・フンミンは試合中、激しいファウルで倒れ苦痛を訴え、キム・ミンジェには数週間続く“酷使”騒動がある」と指摘していた。

 21日に行なわれる第2戦では、日本が中立地サウジアラビアでシリア代表、韓国がアウェーで中国代表と対戦する。どちらも遠征先でのハードな一戦が予想されるが、日韓ともに連勝を飾ることはできるだろうか。

構成●ピッチコミュニケーションズ

「来たくない選手は来なければいい」堂安律、欧州組の“招集不要論”に持論!「あとあと外されて文句を言う選手もいるんでしょうけど...」 

「手の繋ぎ方とか...」ハット達成の上田綺世、試合後のモデル妻との微笑ましいやり取りに反響!「なんて素敵なの」「勝利の女神」 

【PHOTO】W杯2次予選ミャンマー代表戦に駆け付けた日本代表サポーターを特集!(場外編)