元日本代表の今野泰幸(南葛SC)が、DAZNの『内田篤人のFOOTBALL TIME』にゲスト出演。レアル・ソシエダに所属する久保建英のあるプレーに苦言を呈した。

「いただけない」と指摘したのは、ラ・リーガ第13節アルメリア戦(3−1)のボールロストだ。

 76分、GKアレックス・レミロが出したアバウトなパスを収められず、ボールを奪われと、ここからショートカウンターを浴びて、1−1となる同点ゴールを許してしまった。
【動画】元日本代表が苦言!失点に繋がった久保の痛恨ボールロスト
 内田氏は「ボールを収めるのは難しい」とフォローしたものの、今野はこう主張している。

「これはちょっといただけないですね。厳しいボールが入りましたけど。取られるのはしようがないと思うんですよ。運いい人って、それがゴールに繋がらないんですよ。失点に繋がらないんですよ。持ってる人は、ミスでとられてもポストに当たったりとか。入らないんですよ。でもこれは決められちゃってるから。もちろん相手のレベルが高いからなんですけど」

 40歳のベテラン戦士は「クボ君は気を引き締め直さないと」と珍しく厳しい言葉を発している。

 簡単に失点に繋がってしまったプレーが気になったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

なぜ久保建英はPKを蹴れなかったのか。キッカー2人が不在でボールを持つも...指揮官が顛末を明かす「何の疑いもない」
 
「ワールドクラス」久保建英に贈った敵将シャビの賛辞は“リップサービス”だったのか? 内田篤人の主張「記者が聞いてるんだよね? 俺が言いたいのは...」

「日本人は怒っていた」久保建英、バルサの俊英に苛立ちか。現地メディアが指摘した理由は?「試合終了後も収まらず...」