かつてインテルでプレーした長友佑都が、そのコミュニケーション能力を生かし、イタリア語も巧みに操って、チームメートと良好な関係を築いたのは周知のとおりだ。

 今季からラツィオに加入した鎌田大地に、同じようなことを求めるのは難しい。イタリアに渡って数か月で言語の壁を乗り越えるのは不可能だ。性格の違いもよく知られている。

 実際、鎌田の振る舞いは長友のそれとは違うだろう。ただ、ダニーロ・カタルディは「知的」な鎌田と関係を深めていきたいと考えているようだ。

 ラツィオ専門サイト『La Lazio Siamo Noi』によると、カタルディは『Radiosei』で、日本人チームメートについて「カマダは文化的に別の世界の人だ」と話している。

「特殊で、非常に知的だよ。どんなこともすぐに理解する。彼がロッカールームにいるのは変わった感じだよ。ほとんど氷の男って感じだ。感情にとらわれないようだ。ダービー前も信じられないほど落ち着いていた。こういうタイプの環境では良いことだとも思う」

【動画】鎌田大地がミャンマー戦で決めた強烈なミドル弾! 
 さらに、チームで最も感じが良い選手にマヌエル・ラッザリをあげたカタルディは、最も内向的な選手について、「今のところはダイチと言っておくよ」と答えた。

「僕らはまだ彼を少ししか知らない。でも、徐々に僕が変えてみせるさ(笑)」

 カタルディが鎌田を長友のようなキャラに変えることは、おそらくないだろう。だが、仲間とコミュニケーションをとっていくことが重要なのは言うまでもない。出場機会の少なさが騒がれている鎌田が、ラツィオの選手たちと密な関係となり、連係プレーに磨きをかけられることを期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

日本代表のミャンマー戦出場16選手&監督の採点・寸評。2人に7点台の高評価。MOMはハットトリックのFW
GKを代える余裕があるなら...“最後の交代枠”で起用してほしかった日本代表戦士

「サッリよ、カマダのクオリティを見たか」出番激減でも躍動した鎌田大地。冷遇するラツィオ指揮官に目にして欲しかったミドル弾以外のワンプレー