現地時間11月21日に開催された2026年北中米ワールドカップ・アジア2次予選で、日本代表はシリア代表と対戦した。

 立ち上がりから主導権を握る日本は32分、ペナルティエリア手前の右寄りでパスを受けた久保建英が鋭いミドルを突き刺して先制に成功する。その5分後には、左サイドを攻め上がった伊藤洋輝のクロスを伊東純也が折り返し、最後は上田綺世が押し込んで追加点をゲット。40分にも、再び上田が決めて前半で3点のリードを奪う。

 止まらない日本は後半に入っても、47分に菅原由勢がセットプレーで見事なコントロールショットを叩き込んで追加点。さらに82分には、途中出場の細谷真大がネットを揺らして、5−0で大勝。W杯アジア2次予選2連勝を飾り、国際Aマッチ8連勝となった。
【動画】シリアも脱帽!久保建英の圧巻ミドル
 ブラジルの大手メディア『globo』は、シリア戦に出場した森保ジャパンの各選手を採点。マン・オブ・ザ・マッチには驚異の4アシストをマークした伊東を選出。「8点」を与えて、こう評している。

「現時点で、彼が森保政権で最も優秀な選手であるのは言うまでもない。この試合でも最高の姿が見れた。シリア戦の4アシストで、代表での通算アシスト数を17に伸ばしており、これは森保監督就任以降トップの数字だ」

 また同メディアは、1ゴール・1アシストと躍動した久保にも「8点」の高評価をしており、「背番号は20だが、偉大な背番号10にふさわしいパフォーマンスを見せ、中央から日本の攻撃を牽引。ボックス外からのゴールで勝利への道を開き、他にも2ゴールに絡んだ」と絶賛した。

 日本選手の採点は以下の通り。

8点…伊東純也、久保建英
7.5点…上田綺世
7点…菅原由勢
6.5点…伊藤洋輝、守田英正、遠藤航、浅野拓磨、細谷真大
6点…鈴木彩艶、谷口彰悟、冨安健洋、南野拓実
採点なし…町田浩樹、堂安律、田中碧

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表のシリア戦出場16選手&監督の採点・寸評。スコアラーと指揮官に7点台の高評価。MOMは4Aの14番
 
「日本の勢いにゾッとする」森保Jの5発大勝に韓国メディアも震撼!「破竹の8連勝」「伊東の大活躍で簡単にシリアを破った」 

「日本は恐ろしい」「久保は別の惑星から来たのか」5発圧勝の森保Jに相手国シリアのファンは脱帽!「別世界だった」