元日本代表DFトリオが賛辞を贈った。

 内田篤人氏がMCを務めるDAZNの『内田篤人のFOOTBALL TIME』に、同世代の安田理大氏と太田宏介(FC町田ゼルビア。今季限りで現役を引退)がゲスト出演。日本代表のミャンマー戦について、振り返った。

 周知の通り、森保ジャパンは2026年北中米ワールドカップ・アジア2次予選でミャンマー、シリアに続けて5−0で大勝。順当に連勝スタートを切った。

 番組の収録はこの2試合の間に行なわれため、初戦について3人がそれぞれ印象を語った。その中で、進行の野村明弘アナウンサーが「今回はメンバーもこれまでと替えて、また途中出場でいろいろな選手を入れてというところでしたけど、気になった選手とかいましたか?」と尋ねた。

【動画】「凄まじいゴラッソ」とスペイン紙も驚嘆! 久保建英の圧巻ミドル
 すると、内田氏が「分かりやすいのは、佐野海舟とか良かった」と発言。安田氏が「佐野海舟、良かったよ」と続くと、昨シーズンに町田で共闘した太田も「めちゃくちゃいい」と同調した。

 追加招集でメンバー入りした鹿島アントラーズのMF佐野は、ミャンマー戦の後半頭からt出場して代表デビュー。いきなり持ち味のボール奪取を披露すれば、ミドルシュートを放つなど、攻撃面でもインパクトを残した。

 3人とも22歳の新鋭MFに好印象を持ったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「W杯優勝はもはや愚かな夢ではない」シリア粉砕で8連勝の森保ジャパンに中国驚嘆!「本田や香川の全盛期よりはるかに強い」「日本が負けたらニュースだ」
 
「日本の勢いにゾッとする」森保Jの5発大勝に韓国メディアも震撼!「破竹の8連勝」「伊東の大活躍で簡単にシリアを破った」

「クボが壊滅させる」「凄まじいゴラッソ」1G1Aの久保建英、スペイン大手紙もこぞって絶賛!「GKは恐怖でパニック」