日本に対する最大の強みは、指揮官かもしれない。

 パリ五輪のアジア最終予選を兼ねるU-23アジアカップのグループステージ組み合わせ抽選会が11月23日、開催地カタールで行なわれた。ポット1の日本はグループBで、韓国(ポット2)、UAE(ポット3)、中国(ポット4)と同組になった。

 日本国内では“死のグループ”という見方もある一方で、韓国メディア『エクスポーツニュース』は「各ポットで最も強いチームがひとつになった」と評し、「2013年に創設されたこの大会で、韓国と日本がグループステージから対戦するのは今回が初めてなので、さらに注目を集めている」と報じる。

 過去のU-23アジア杯を振り返れば、韓国は2016年大会の決勝で日本に逆転負けすれば、22年大会の準々決勝では0−3で完敗している。

 同メディアは「韓国サッカーの立場からすれば、来年の韓日戦は悔しさとともに、世界初のオリンピック男子サッカー本戦10回連続出場を達成する過程で大きな障害となる」と警戒。日本をライバル視したうえで、「監督がファン・ソンホンであることが、特別な意味を持つ」と強調する。

「男子サッカーの韓日戦と言えば、ファン・ソンホンを思い浮かべるほど。選手時代から彼が韓日戦に残した足跡が大きいからだ。指導者に転身した後もストーリーが次々に積み重なっている」

 ファン・ソンホンは現役時代、韓国代表として日本戦に4度出場し、いずれの試合でも得点しているという。自身の代表デビュー戦となった1988年のアジアカップ、90年のダイナスティカップ、94年のアジア大会では2得点、98年の親善試合。驚くべきは、すべての試合で決勝点を決めていることだ。
【PHOTO】IAIスタジアム日本平に集結し、声援を送り続けたU-22日本代表サポーターを特集!
 さらに、セレッソ大阪時代の99年シーズンには25試合に出場し、24ゴールを挙げて韓国人選手としては初めてJリーグで得点王を獲得するなど、「日本サッカーを多方面で征服したストライカーとなった」のだ。

 記事では、指導者になってからのキャリアにも言及する。

「日本戦の思い出は積み重なっている。最初の記憶は、2年前のU-23アジアカップ準々決勝。0−3で完敗し、U-23代表チームを率いるファン・ソンホン監督を最初の危機に陥れた相手は日本だった。しかし、先月の杭州アジア大会決勝では2−1の逆転勝利を収め、雪辱に成功し、男子サッカー史上初のアジア大会3連覇という金字塔を打ち立てた」

 ある意味、“日本キラー”の側面を持つファン・ソンホン。それだけに同メディアは「来年4月の韓日戦は興味深いものになるだろう。ファン・ソンホン監督が指揮を執っているから、なおさらだ」と自信をのぞかせた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「顔面を平手打ち」パリ五輪の最終予選、日本&韓国と同居に中国のメディアは悲嘆!「どれだけ悲惨なんだ?」

「文字通り“死のグループ”」パリ五輪アジア最終予選、B組日本の対戦相手にファンの反応は?「韓国、中国とガチで試合!」「見るのが楽しみ」

【PHOTO】9頭身の超絶ボディ! 韓国チア界が誇る“女神”アン・ジヒョンの悩殺ショットを一挙チェック!