[J1第33節]横浜 0−0 新潟/11月24日/日産スタジアム

 アルビレックス新潟は11月24日、J1第33節で横浜F・マリノスと敵地で対戦し、0−0で引き分けた。

 前半は押し込まれたなかでもカウンターで決定機を創出。後半は得意のポゼッションからチャンスを生んだが、90分を通してフィニッシュの精度を欠き、得点は奪えず。

 守備ではGK小島のスーパーセーブ連発でピンチを凌ぐと、最終ラインの選手たちも呼応する形で奮起。最後はCBのT・デンと渡邊が空中戦の強さを見せ、クリーンシートで試合を終えた。

▼新潟のチーム採点「6」
 前半は自陣から運ぶためのビルドアップが難航も、ピッチ中央からアタッキングサードに侵入するためのつなぎは素早く、正確。ショートカウンターを受けるシーンが散見したが、ロングボールで相手のプレスを回避し始めてからは徐々にチャンスを増やした。なかでも自陣からのロングカウンターでは、内側に位置取る相手のSBの背後を積極的に狙い、効果的な攻撃を見せた。

 後半は、J1優勝へ向けてゴールを奪わなければいけない横浜がより前がかりになったことで、背後のスペースを生かしやすくなり、決定機が増加。後半開始直後に投入されたFW谷口海斗を起点にスピード感のある攻撃を繰り出し、昨季王者を苦しめたが、フィニッシュの精度を欠きゴールを奪えなかった。

 特に85分頃からは立て続けにチャンスが舞い込んだだけに、攻撃陣にとっては課題の残る試合になったと言えるだろう。試合後、左サイドハーフで先発した小見も「チャンスは作れていましたが、決め切らなければいけませんでした」と悔しさを口にしていた。

 他会場で9位の川崎フロンターレが勝利したことで、目標の一桁順位の達成は来季に持ち越しとなったなかで、最終節はホームで迎えるセレッソ大阪戦。「今日、出た課題を修正して、ホームのサポーターの前で、勝って終わりたい」と、好セーブ連発でチームを救った小島が語ったように、横浜戦で得た課題と収穫を次節、そして来季以降につなげたい。
【PHOTO】どこまでも共に行こう!今季最後のアウェー戦!新潟の想いを声援に乗せ選手を後押し続けた、アルビレックス新潟サポーター!(Part1)
▼新潟の出場14選手&監督の採点・寸評。

MAN OF THE MATCH
GK:小島亨介|採点7.5/12分の1対1の場面では右手一本でストップすれば、前半アディショナルタイムに訪れた複数のピンチもことごとくセーブ。51分にも完璧な反応でチームを救った。

DF:藤原奏哉|採点6/対面する相手FWエウベルに突破を許す場面もあったが、ボックス内や後ろを向かせた状態では粘り強く対応。試合を通して攻撃参加する回数は少なかったが、クリーンシート達成に寄与した。

DF:トーマス・デン|採点5.5/相手のエース、A・ロペスを自由にさせなかった一方で、ビルドアップでボールを失うことも。前に出すぎて背後を狙われる場面もあった。

DF:渡邊泰基|採点6.5/相手のクロスを跳ね返し続けた空中戦の強さはもちろん、68分のカウンターを食い止めた地上戦の対応も見事。また、左足の高精度フィードがロングカウンターの起点になった。

DF:新井直人|採点6.5/序盤はマッチアップする横浜のY・マテウスに背後を取られたが、試合が進むごとにスピードに適応。後半はさすがの対人守備で左サイドからの相手の侵入を許さなかった。
 
MF:秋山裕紀|採点6/自陣でブロックを形成する際、豊富な運動量で中盤の広範囲をカバー。守備の時間が長かったこともあるが、欲を言えば、持ち前のパスで展開を変える回数を増やしたかった。

MF:高宇洋|採点6/立ち上がりから相手のボールホルダーへアグレッシブにタックル。ファウルを取られるシーンもあったが、勢い十分の守備は相手を牽制し、味方を勇気づけた。

MF:太田修介(69分OUT)|採点6/右サイドからクロスやカットインシュートで好機を演出も、ゴールには至らず。快足を活かしたカウンターや縦突破もいくつかあったが、もう少し回数を増やしたい。

MF:高木善朗(69分OUT)|採点6/前半は敵陣でポゼッションできる時間が短かったため、彼らしいアイデアや技術力を発揮する回数が少なかった。後半はカウンター時やボックス内に素早く顔を出し、ドリブルとパスで変化をつけた。

MF:小見洋太|採点6/失ってからの即時奪回、背後へのランは素晴らしいだけに、ラストパスやシュートの精度不足が惜しい。29分と56分に訪れた決定機は、せめて枠に収めたかった。

FW:鈴木孝司(49分OUT)|採点6.5/前線でロングボールのターゲットとなるだけでなく、ピッチを縦横無尽に駆け回り、こぼれ球や背後へのフィードに反応。34歳とは思えない運動量で攻撃を牽引した。後半開始早々に負傷交代。

「最適な人物だ」マンCとの天王山は遠藤航を起用しろ!アーセナルの伝説OBが主張「エンドウは忍耐強い」
途中出場

FW:谷口海斗(49分IN)|採点6/ポストプレーで身体を張りつつ、ゴール方向へ推進力を持ったプレーを続けた。

FW:長倉幹樹(69分IN)|採点5.5/ポジショニングは的確だったが、ボールが足に付かないシーンがしばしば。86分の決定機は決めたかった。

MF:三戸舜介(69分IN)|採点6/キレのあるドリブルで右サイドの攻撃を活性化。後半アディショナルタイムのふたつのチャンスをどちらかを決めていれば...。

監督:松橋力蔵|採点6/前半は粘り強い守備からのカウンターで、後半はポゼッションによる崩しからチャンスを作るなど、状況への適応力をチームに根付かせたということが伝わる内容だった。

取材・文●岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【PHOTO】どこまでも共に行こう!今季最後のアウェー戦!新潟の想いを声援に乗せ選手を後押し続けた、アルビレックス新潟サポーター!(Part2)

「めちゃくちゃいい」内田篤人ら元日本代表トリオが称賛した森保ジャパンの新鋭は?「分かりやすく良かった」