[J1第33節]横浜 0−0 新潟/11月24日/日産スタジアム

 横浜F・マリノスは11月24日、J1第33節でアルビレックス新潟とホームで対戦し、0−0で引き分けた。

 序盤から横浜が優位に試合を進め、前半にはヤン・マテウスやアンデルソン・ロペスが決定機を迎えるが、得点を奪えず。

 攻勢をさらに強めた後半も、エウベルやナム・テヒがゴールを狙うが、相手GKの好セーブにも阻まれ、スコアレスのまま試合は終了。勝点1を分け合った。

▼横浜のチーム採点「5.5」
 逆転優勝への焦りなのか、連係ミスが少なくなかった。前半は前掛かりになり過ぎて、カウンターから何度かピンチもあった。

 それでもY・マテウスとエウベルが両サイドから果敢に攻め込み、CB角田や右SB松原ら最終ラインの選手も上がって厚みのある攻撃を仕掛けられた点は、迫力があり、ゴールの“匂い”を感じさせた。

 再三のチャンスを決め切れなかったのは、何度も好セーブを見せた相手GKを褒めるべきだろう。

 何としても勝点3が欲しかっただけに、全員が勝利への気持ちを見せたが悔しいドローに終わった。
【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブのチアリーダーを一挙紹介!
▼横浜の出場16選手&監督の採点・寸評

GK:一森純|採点6.5/ビルドアップ、セービング、ハイラインを敷く守備陣の裏のスペースのカバーと、安定したプレーを披露。85分、後半アディショナルタイムにはビッグセーブでチームを救った。

DF:松原健|採点6/序盤に2本のミドルシュートを放てば、Y・マテウスとの好連係からクロスを供給するなど、攻撃面で存在感を示した。

DF:角田涼太朗|採点6.5/最終ラインからボールを持ち運び、12分にはY・マテウスにロングボールを通して決定機を演出。相手との接触で目を腫らしながらも、ガッツのあるプレーでチームを引っ張った。

DF:エドゥアルド|採点6/何度かカウンターを受けた場面では、的確なポジショニングでボールを跳ね返した。対人守備でも強さを見せた。

DF:吉尾海夏(64分OUT)|採点5.5/攻撃面ではエウベルとの連係ミスがあり、守備面ではマッチアップした太田に手を焼くシーンも。

「わずか勝率31%」ドイツでは“デュエル王”だった遠藤航、まさかのスタッツに現地懸念。それでも英代表レジェンドはマンC戦の先発を期待
MF:喜田拓也(64分OUT)|採点5.5/切り替えの早い守備で相手の攻撃の芽を潰した。ただ、22分に鈴木を倒してイエローカードをもらったファウルは、見方によってはカードの色が変わる可能性もあり、ヒヤッとした。

MF:山根陸|採点6/喜田とバランスを取りながら、攻守に強度の高いプレーを見せた。フリーでボールをキープできているシーンがあるからこそ、よりゴールに直結するプレーも見たい。

MF:ナム・テヒ(64分OUT)|採点5/立ち上がりから積極的に動き回ってボールを受けたが、効果的なパスを出せず。63分のポストに嫌われたシュートは惜しかったが...。

FW:ヤン・マテウス(82分OUT)|採点6.5/ゴールはなかったが、積極的に相手DFの背後に抜け出したり、ドリブルで果敢に仕掛けて攻撃に勢いをもたらした。

FW:アンデルソン・ロペス|採点5.5/全体的にあまりボールを受けられず、“消えた”時間も少なくなかった。前半アディショナルタイムに狙ったヘディングシュートは枠を捉えたが、相手GKの好セーブに阻まれた。

FW:エウベル(82分OUT)|採点6.5/快足を活かしたドリブルで相手を翻弄したり、中に切り込んで逆サイドに展開するなど攻撃を牽引した。51分の決定機は決め切りたかった。
 
途中出場

MF:渡辺皓太(64分IN)|採点5/喜田との交代でピッチに入ったが、パスミスやボールロストする場面があり、やや集中力を欠いた印象だ。

FW:西村拓真(64分IN)|採点5/ビルドアップ時に上手く顔を出せず、攻撃面で違いを見せられなかった。

DF:上島拓巳(64分IN)|採点6/空中戦で強さを発揮し、エドゥアルドとともにブロックを作った。

FW:水沼宏太(82分IN)|採点なし/何とか1点を奪うために右サイドからクロスを上げたり、シュートを狙うなど、気持ちのあるプレーを見せた。

FW:宮市亮(82分IN)|採点なし/武器のスピードで仕掛けたが、ゴールを奪うという仕事は果たせなかった。

監督:ケヴィン・マスカット|採点5.5/ボールを保持してゲームを優位に進めた。しかし、交代カードを切っても肝心のゴールが奪えず、逆転優勝が遠のく痛恨のドロー。

取材・文●金子徹(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

「日韓CBコンビが崩壊の危機」冨安健洋のバイエルン移籍は困難との報道で韓国メディアがなぜ落胆?

「かつてないほど強い」好調の森保ジャパンを海外絶賛!「最高級のタレント」「クオリティの向上が目覚ましい」