[J1第33節]FC東京 1−3 札幌/11月25日/味の素スタジアム

 ホームに札幌を迎えたFC東京が攻め込まれる時間帯がありながらも、41分にD・オリヴェイラのゴールで先制した。

 ところが、そこからリズムに乗れず、後半に入ると、51分、57分に失点。実にあっさりと逆転されてしまった。

 青木や東などを投入して巻き返しを図るが、結局は流れを変えられないまま後半アディショナルタイムに3失点目を喫した。結果、1-3でホーム最終戦で落とした。

▼FC東京のチーム採点「5」  
 札幌のパスワークに翻ろうされる形で劣勢を強いられた。D・オリヴェイラが抜け目なく先制点を決めるなどチャンスがなかったわけではないが、サッカーのクオリティで札幌に劣っていた印象だ。

 とりわけ酷かったのが後半で、攻撃の形が見えないばかりか、守備もハマらなかった。セカンドボールをなかなか拾えず、後半アディショナルタイムには締まらないディフェンスから3失点目と、攻守両面で不甲斐ない戦いぶり。ファン・サポーターからブーイングされるのも当然だ。

 ファン・サポーターへの感謝の気持ちを示す意味でも勝ちたかったホーム最終戦で痛恨の逆転負けを喫しているようでは…。厳しい現実を突きつけられた一戦だ。
 
▼FC東京の出場16選手&監督の採点・寸評
GK:野澤大志ブランドン|採点5.5/34分のキックミスは減点対象。シュートへの反応は好印象も、最後尾からの組み立てに課題を残す。

DF:長友佑都|採点5.5/守備に追われた格好で、攻撃に上手く絡めなかった。豊富な運動量は目を見張るものの、ビルドアップ時に違いを作り出せない点は物足りない。

DF:森重真人|採点5/ディフェンスに従来の迫力がなく、相手への対応に出遅れるケースが目に付いた。最終ラインを統率できず容易く失点と、あまり良いところがなかった。

DF:木本恭生|採点5.5/18分の仲川への縦パスは素晴らしかった。また空中戦の強さも光ったとはいえ、守備面ではやや粗さが目立ち、森重との呼吸もこの日は合わなかった。

DF:徳元悠平(74分OUT)|採点5/パスの精度がいまひとつで、自らのミスからピンチを招くシーンも。40分に仲川がお膳立てしてくれたシュートは決めたかった。

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「 J歴代ベスト11」を一挙公開!
MF:小泉 慶(66分OUT)|採点5/原川との距離感が中途半端で、相手に比較的自由を与えてしまった。ボールへの反応が鋭くなく、そうしたパフォーマンスで途中交代は仕方なしだろう。

MF:原川 力(84分OUT)|採点5.5/前半3分のゴール前への走り込みは秀逸。しかし、中盤でのマークがルーズになるなど全体的には不満足な出来だった。

MF:渡邊凌磨(66分OUT)|採点5.5/トップ下に捉われず、サイドに流れたり局面に応じてポジションを変化。ただ、そこまで効果的にボールに絡む回数は多くなかった。

FW:仲川輝人|採点5/18 分の決定機逸が悔やまれる。33分のゴール前でのトラップミスもネガティブな印象で、目に見える結果を残せなかった。

FW:デェイゴ・オリヴェイラ(84分OUT)|採点6.5/前半3分に絶妙なスルーパスで好機を演出。その後も攻撃の起点になりつつ、41分には左足のコントロールショットで先制弾と、エースとして意地を示した。

FW:アダイウトン|採点5.5/41分に優しいパスでD・オリヴェイラの先制弾をアシスト。しかし、後半はドリブルを警戒されて相手の守備に手を焼いた。
 
途中出場
MF:青木拓矢(66分IN)|採点5.5/73分に裏に蹴られたボールに反応するなど危機察知力はさすが。一方で展開力を示せなかったのが残念だ。

MF:東 慶悟(66分IN)|採点5.5/トップ下に入るも決定的な仕事はできず。ボールを出し入れするクオリティは決して低くなかったが…。

DF:白井康介(74分IN)|採点5.5/右サイドバックとして起用され、果敢に攻撃参加。一方で、84分のGKへのバックパスはリスキーだった。

FW:熊田直紀(84分IN)|採点−/D・オリヴェイラに代わりCFを担当も、結局シュートは0本でアピールできなかった。最終節で出番があれば期待したい。

MF:寺山 翼(84分IN)|採点−/同じ途中出場の青木とボランチでコンビを組んだ。後半アディショナルタイムでのボール奪取はアピール材料に。

監督:ピーター・クラモフスキー|採点5/前半からルーズ気味だった守備を後半に入っても改善できず。選手を変えても流れは変わらず、力量不足を露呈した感があった。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定したこの試合の最優秀選手。 ※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【動画】神戸が初V 齊藤未月もシャーレアップ!

清水がJ1昇格PO決勝に進出! 再三のチャンスを決めきれず、山形とスコアレスドローも準決勝突破