日本代表の浅野拓磨が所属するボーフムは現地時間11月26日、ブンデスリーガ第12節で、ハイデンハイムと敵地で対戦。スコアレスドローに終わった。

 この試合に浅野は4−3−3の左ウイングで先発出場。前線でスプリントを繰り返し、果敢にゴールに迫るも、得点は奪えず。76分に途中交代となった。
【動画】前節のダルムシュタット戦で浅野が決めた技あり弾
 ドイツ大手紙『Bild』は、ボーフムの攻撃について「中央からコンビネーションを使って突破しようとするが、ほとんど成功しない。危険な状況を作り出せるとすれば、ロングボールかアサノ頼みだ」と苦言を呈した。

 さらに「特にアサノが脅威となったが、チーム全体として明確なチャンスを十分に作れなかった」と評している。

 ボーフムはリーグ戦12試合を終えて、わずか1勝。浅野はチームを救えるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
 
「夢のゴールを決めたアサノのショーだ」鮮烈2発の浅野拓磨をドイツ大手紙が絶賛!「日本人にとって最高の瞬間」「時速103キロで右隅に決めた」

「めっちゃ技ありやん!」ボーフム浅野拓磨の圧巻2発に称賛の声「凄すぎる。左で浮かして右アウト」「2点目もバカうまい」