伊東純也と中村敬斗の所属するスタッド・ドゥ・ランスは現地11月26日、リーグ・アン第13節でレンヌと敵地で対戦。日本代表の活躍から帰還した伊東は右ウイングで先発し、故障中の中村はメンバー外となった。

 S・ランスは4分、相手にCKを与えると、混戦から最後はグイリに決められ、先制を許す。

 出鼻をくじかれるも20分、左サイドの深い位置まで侵入したドゥ・スメットの折り返しをマトゥシワがシュート。相手にブロックされたこぼれ球をムネチが狙うも、再び相手DFに防がれてしまう。

 その後もS・ランスがボールを保持して迎えた前半アディショナルタイム、左サイドから伊東のクロスにディアキテが頭で合わせてゴールネットを揺らす。伊東が今季3アシスト目で演出したゴールで同点に追いつき、1−1で試合を折り返す。
【動画】伊東純也がレンヌ戦で今シーズン3アシスト目を記録!
 しかし後半開始早々、レンヌに勝ち越し弾を決められる。46分、自陣右サイドからパスをつなげられ、最後はボリジョーにゴールを許す。

 アウェーチームは再び同点を目ざして攻勢を強めたが、66分に自陣右サイドでレンヌにFKを与えると、ボックス内でテアテに合わせられて失点。リードを2点に広げられる。

 その後もボールを握るものの、チャンスを作れず。83分にはFKからカドラがシュートを打ったが、ゴールの左に外れる。

 87分には途中出場のボジャンがドリブルでボックス内へ侵入するも、決定機につなげることができない。このまま1−3で終了し、S・ランスが2連敗を喫した。

 なお、伊東はフル出場を果たしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

驚異の34発で8連勝の森保ジャパン、“最大の武器”を隠したままアジアカップへ【担当記者コラム】
 
森保Jに伊東純也あり――改めてそう感じさせる異次元の4A。試合後はいつも通り飄々と「自分でも決めたかったですけど」【現地発】

鹿島レジェンド本田泰人が森保Jを採点!|勝因は“明らかにレベルが違う”久保と伊東。唯一の不安は「三笘の代役探し」【シリア戦】