鎌田大地が所属するラツィオは11月25日に開催されたセリエAの第13節で、最下位のサレルニターナと敵地で対戦。43分にチーロ・インモービレのPKで先制したものの、後半に2ゴールを奪われ、今季未勝利だった相手に1−2で敗れた。

 累積警告のルイス・アルベルトに代わって9試合ぶりにスタメン出場した鎌田にとっては、アピールの大チャンスだったが、インパクトを残せず。現地メディアも厳しい評価をしている。

【動画】鎌田が酷評されたサレルニターナ戦
 イタリアメディア『Calciomercato.com』は「カマダは失敗」と見出しをつけ、「日本人には時間が必要だ。問題は、ルイス・アルベルトが欠場した試合で、信頼、ハート、賞賛を得る最高の機会を逃したことだ」と指摘。こうこき下ろしている。

「常に足並みが揃わず、プレーが遅く、周囲から外れているように見える。彼だけが別の時間軸でプレーしている」

 チームのペースにフィットできていないという評価のようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「カマダがいると、ずっと10人でプレーするようなもの」精彩欠いた鎌田大地をフル出場させたラツィオ指揮官を伊識者が痛烈批判!「2週間準備して最下位に逆転負けか?」
 
「カマダに関するとんでもない噂」苦境の鎌田大地、古巣フランクフルトに電撃復帰の可能性を独紙報道!「サプライズがあるかも」

「文化的に別世界」「非常に知的」鎌田大地の人間性にラツィオMFが驚嘆「ダービーの前も信じられないほど...」