日本代表の上田綺世が所属するフェイエノールトは現地11月28日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第5節でアトレティコ・マドリーとホームで対戦。上田はベンチスタートとなった。

 ホームチームは2分、ミンテが右サイドから仕掛けてシュートを放つ。さらに8分にもボックス内へ侵入したミンテが決定機を迎えるも、決めきれない。

 12分にはアトレティコにパスをつなげられ、最後は抜け出した相手FWモラタとGKバイロウが1対1になるも、好守で失点を許さない。

 しかし14分、ジョレンテのクロスをヘールトライダがクリアしきれず、ゴールイン。オウンゴールで、先制点を与えてしまう。

 その後はチャンスを作れず、1点ビハインドで前半を終える。
【動画】上田がCLデビュー戦でOGを誘発!
 同点に追いつきたいフェイエノールトは、後半頭から上田を投入する。

 だが、ボールを保持して主導権を握るものの、好機を活かせず、58分に自陣右サイドに抜け出されたエルモソにダイレクトボレーで合わせられて追加点を許す。

 60分には後方からのボールを受けた上田が果敢にシュートを狙うも、ゴール右に外れる。

 さらに75分、上田がペナルティエリア内に侵入してシュートを打ったが、エルモソにブロックされる。それで得たCKからヴィエフェルがゴールネットを揺らし、フェイエノールトが1点を返した。

 同点に向けて攻勢を強めたかったが、85分に相手のFKに反応したヒメネスがオウンゴール。再びリードを2点に広げられる。

 このまま1−3で終了し、連敗のフェイエノールトは3位が確定。グループステージを突破できず、ヨーロッパリーグに回る結果となった。一方、アトレティコは決勝トーナメント進出が決まっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
 
「親父が自己破産して」「古びたアパートに」内田篤人、元日本代表DFの壮絶な過去に驚愕!「すげぇ。映画化だ」

「エリアの脇から決め切る日本人FWはなかなかいない」熟練記者が絶賛した代表戦士は?