国際サッカー連盟(FIFA)が11月30日、最新のFIFAランキングを発表した。

 11月の北中米ワールドカップ・アジア2次予選で、ミャンマーとシリアをともに5−0で破り、連勝を8に伸ばした日本は、18位から17位に1ランクアップとなった。

 アジア勢では引き続きトップで、イラン(21位)、韓国(23位)、オーストラリア(25位)と続く。

 1位のアルゼンチン、2位のフランスは変わらず、先月は4位のイングランドがブラジルに替わってトップ3入りを果たしている。

【動画】「凄まじいゴラッソ」とスペイン紙も驚嘆! 久保建英の圧巻ミドル
 同ランキングのトップ20は以下のとおり。

1位 アルゼンチン
2位 フランス
3位 イングランド
4位 ベルギー
5位 ブラジル
6位 オランダ
7位 ポルトガル
8位 スペイン
9位 イタリア
10位 クロアチア
11位 ウルグアイ
12位 アメリカ
13位 モロッコ
14位 メキシコ
15位 コロンビア
16位 ドイツ
17位 日本
18位 スイス
19位 デンマーク
20位 セネガル

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「日本の勢いにゾッとする」森保Jの5発大勝に韓国メディアも震撼!「破竹の8連勝」「伊東の大活躍で簡単にシリアを破った」
 
「クボが壊滅させる」「凄まじいゴラッソ」1G1Aの久保建英、スペイン大手紙もこぞって絶賛!「GKは恐怖でパニック」

「日本は恐ろしい」「久保は別の惑星から来たのか」5発圧勝の森保Jに相手国シリアのファンは脱帽!「別世界だった」