現地時間11月30日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節で、堂安律が所属するフライブルクがギリシャのオリンピアコスとホームで対戦。5−0の圧勝を飾り、グループステージ突破を決めた。

 この一戦で、1ゴール・1アシストの活躍を見せたのが、4−4−2の右サイドハーフで先発した堂安だ。

 まずは3分にFWグレゴリチュの得点で先制した5分後の8分、CKから正確なキックでグレゴリチュのヘッド弾をお膳立て。今シーズンの公式戦2つ目のアシストをマークする。

【動画】巧みな裏抜けから冷静なフィニッシュ!堂安律のEL初ゴール
 さらに、グレゴリチュのハットトリック弾などで4−0とリードを広げて迎えた77分には、カウンターからゴール前に走り込み、相手のクリアミスを突いて左足でダイレクトシュート。見事にダメ押し点を奪ってみせた。

 日本代表MFはELでは2戦連発、公式戦では今季3点目となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「退場を避けられたのは幸運」前半のみで交代の遠藤航、地元メディアがチーム最低評価で酷評「再び試合のペースに苦戦した」
 
「エンドウは退場すべきだった」遠藤航の“レッド回避”にリバプールOBの元英代表が苦言。英紙も疑問視「無謀なタックル」

「すべてが違う」遠藤航が明かしたプレミアとブンデスの差異。「とても厳しい」と語った対戦相手は?