現地11月30日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第5節で、遠藤航が所属するリバプールはオーストリアのLASKとホームで対戦。4−0で快勝し、決勝トーナメント進出を決めている。

 ELでは5試合連続でスタメンに名を連ねた遠藤は、インターセプトやパスカットで何度もボールを回収すれば、2点目と4点目の起点となるなど、攻守に貢献した。

【動画】ズバッと縦パス! 遠藤航の絶妙アシスト
リバプールの地元紙『Liverpool Echo』は採点記事で、日本代表MFに「7点」の高評価を与え、次のように評している。

「前半に一度ボールを取られたが、試合が進むにつれて改善された。そしてタックルで決定的で、リバプールを素早く前進させた」

 この日のプレーが、プレミアリーグでのスタメン出場に繋がるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


「カルトヒーローになれる」リバプール遠藤航が攻守に躍動!地元メディアは高評価も、指摘した点は?「アンカーとしての…」


 
「エンドウに29億円は無意味」「クロップのタレント見極めは不愉快」遠藤獲得を非難する投稿にリバプールDFの兄が“いいね”で波紋。現地メディア「同僚と監督を批判。理想的ではない」

「すべてが違う」遠藤航が明かしたプレミアとブンデスの差異。「とても厳しい」と語った対戦相手は?