遠藤航が所属するリバプールは現地11月30日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第5節で、LASKとホームで対戦。4−0で大勝して首位が確定し、決勝トーナメント進出を決めている。

 アンカーで先発した遠藤は、2点目と4点目の起点となり、インターセプトやパスカットでも本領を発揮。グループステージ突破に貢献した。
【動画】LASK戦で遠藤が起点となった追加点
 ELでは5試合連続のスタメンとなった日本代表MFも、プレミアリーグでの先発は2試合のみ。インサイドハーフが本職のアレクシス・マカリステルがアンカーを務めている。
 
 こうした状況を受けて、このLASK戦の直前、リバプールのレジェンドであるマイケル・オーウェン氏が、遠藤についてこのような発言をしていた。

「彼は現時点では少し落胆しているだろうと思う。彼を除けば、リバプールのチームには自然なセントラルミッドフィールダー(アンカー)はいない。それでも、彼らはマカリステルをビッグゲームでそのポジションにコンバートさせている。だから、彼はおそらくそのポジションを自分のものにできなかったことに少しがっかりしているだろう」

 元イングランド代表のエースは「彼らはマカリステルのことを気に入っているが、実際のところ、彼を(得意の)ポジションから外してアンカーの役割につかせると、おそらく夏に失ったファビーニョよりも1ランク下がることになるだろう」と指摘。こう主張を続けている。

「(遠藤にとって)それは手に入れられるポジションだと思う。彼は掴み取るのに熱心だろう。彼はこれまでセンセーショナルなことをしたわけではないが、うまくやってきた。これは特異なポジションであり、多くのことをしなければならない。起点となり、ボールを快適に扱い、危険を察知し、ストライカーの足下にボールを止めなければならない」

 オーウェン氏にとっては、ファビーニョの後釜は、あくまで遠藤だと考えているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「タックルは決定的」「リバプールを素早く前進させた」攻守に奮闘の遠藤航を地元紙は高評価!「試合が進むにつれて改善された」
 
「エンドウに29億円は無意味」「クロップのタレント見極めは不愉快」遠藤獲得を非難する投稿にリバプールDFの兄が“いいね”で波紋。現地メディア「同僚と監督を批判。理想的ではない」

「すべてが違う」遠藤航が明かしたプレミアとブンデスの差異。「とても厳しい」と語った対戦相手は?