日本人5選手を擁するセルティックは12月3日、スコットランドリーグ第15節でセント・ジョンストンと敵地で対戦する。

 この一戦の前日会見でブレンダン・ロジャーズ監督が、離脱中の旗手怜央について語った。クラブ公式メディア『THE CELTIC WAY』にコメントが掲載されている。
【動画】キルマーノック戦で決めた旗手の今季2ゴール目!


 旗手は10月25日に行なわれたチャンピオンズリーグ・グループステージ第4節のアトレティコ・マドリー戦で先発するも、開始7分で右ハムストリングを痛め、負傷交代を余儀なくされていた。

 現在も離脱中の旗手について指揮官は「レオは1月に戻ってくる」と、復帰時期を明言。帰還後の活躍を次のように期待した。

「我々にとっては、新しい選手と契約したようなものだ。彼は素晴らしい選手で、さらなるクオリティを加えてくれるのは間違いない」

 1月には日本代表が挑むアジアカップも控えるなか、旗手の元気な姿を見られるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「涙ぐんでいた」7分で無念の負傷交代...旗手怜央の悲痛な姿に現地メディアも悲嘆「取り乱した様子だった」
 
「クボ君は気を引き締め直さないと」元日本代表が苦言を呈した久保建英のワンプレー「ちょっといただけない」

「見ててヒヤヒヤする」「早急に解決して欲しい」冨安健洋、ツッコミが殺到した“弱点”は?「イエローもらいそうでドキドキする」