[J1第34節]札幌 0−2 浦和/12月3日/札幌ドーム

 浦和レッズは12月3日、J1第34節で北海道コンサドーレ札幌とアウェーで対戦し、2−0で勝利した。

 スコアレスで迎えた58分にショルツのPKで先制すると、72分には中島の加入後初ゴールでリードを広げる。その後も相手に得点を許さず、完封勝ちを収めた。

▼浦和のチーム採点「6.5」
 相手に主導権を握られる時間は長かったが、コンパクトな陣形を保ち、粘り強い守備で対抗。リーグ戦の直近2試合では複数失点が続いていたが、久々のクリーンシートを達成。この結果、シーズン最少失点(27)を死守した。

 最終順位は4位に終わり、試合後、スコルジャ監督からは「悲惨」という言葉が漏れ、選手たちも悔しがっていた。それでも、最後は持ち前の堅守を武器に白星を勝ち取ってみせた。力強い戦いぶりでリーグ戦を締めくくった。
【PHOTO】向寒の中、埼スタ最終戦に詰めかけ、寒さを吹き飛ばすほどの大声援で選手を後押しした、浦和レッズサポーター!
▼浦和の出場16選手&監督の採点・寸評

GK:西川周作|採点6.5/的確な判断、安定したセービング、鋭いロングキックと、持ち味を存分に発揮し、無失点に封じた。59分には、相手の決定的なヘディングシュートをビッグセーブで阻止した。

DF:関根貴大(90分OUT)|採点6.5/本職ではない右SBながら、積極的にインサイドに入り攻撃を展開。威力のあるミドルシュートも放った。PK獲得の場面での縦パスは鮮やかだった。

DF:アレクサンダー・ショルツ|採点6.5/強く、高く、頑丈な守備。相手の隙を突いた持ち運びも多く見られた。職人芸とも言える冷静なPK弾で、リーグ戦7ゴール目をマーク。後半ATには右SBに入った。

DF:マリウス・ホイブラーテン|採点6/相手のアタッカーに手を焼くシーンも見られた一方、パスカットは冴え、空中戦の強さも。とりわけ終盤の集中力や安定感は出色だった。

DF: 明本考浩|採点6.5/左SBで攻守に奮闘。豊富な運動量を活かした的確な位置取りが光る。浅野とのハイレベルなマッチアップは見応え十分だった。

【PHOTO】サポーターが創り出す圧巻の光景で選手を後押し!Jリーグコレオグラフィー特集!
MF:伊藤敦樹(HT OUT)|採点5.5/前々節に負傷交代も、先発で復帰を果たした。序盤は前線への飛び出しを披露したが、試合展開の影響もあり守備に追われる場面も多かった。

MF:岩尾憲|採点6/厳しくマンマークしてくる相手に対し、持ち味の効果的なロングパスをなかなか出なかったものの、気の利いたポジショニングでピンチの芽を摘んだ。

MF:大久保智明(79分 OUT)|採点6.5/果敢な仕掛けで相手DFのハンドを誘発し、PKを獲得。低い位置まで戻っての守備のタスクも、しっかりとこなした。

MF:エカニット・パンヤ(HT OUT)|採点5/リーグ戦2度目のスタメン出場。ゴールを目ざす姿勢は見えたものの、相手の堅い守備に苦しみ、結果は出せず。不用意なロストもあった。前半のみで退いた。

MF:小泉佳穂|採点6/得点には絡めなかったものの、ピッチを走り回り、つなぎ役に徹した。総走行距離は両チーム通じて唯一の12キロ超えをマークした。

FW:ホセ・カンテ|採点6/得点こそなかったが、ポストプレー、展開、機を見たロングシュートなど、前戦で相手の脅威になり続けた。2点目のシーンでは相手に競り勝ち、中島につないだ。
 
途中出場
MAN OF THE MATCH
MF:中島翔哉(HT IN)|採点7/キレのあるドリブル、正確なクロス、積極的なシュートなど、攻撃面の魅力を発揮。個の力で奪い取った自身の加入後初ゴールは強烈で、MOMに値した。

MF:安居海渡(HT IN)|採点6/ダブルボランチの一角で投入された。守備での貢献度が高く、174センチながら反応やタイミングの良さでエアバトルを制す場面も目立った。

FW:アレックス・シャルク(79分IN)|採点なし/右サイドハーフで起用された。82分にはボックス内でボールを奪い、相手GKをかわすまでは良かったが、惜しくも得点はならなかった。

FW:ブライアン・リンセン(88分IN)|採点なし/センターフォワードに入った。わずかな時間の出場で攻撃では実力を披露できなかったものの、献身的なハイプレスは目を引いた。

DF:岩波拓也(90分IN)|採点なし/最終盤に足を痛めた関根に代わって出場。CBに入り、相手の攻撃の切り札だったキム・ゴンヒに仕事をさせなかった。

監督:マチェイ・スコルジャ|採点7/HTに投入した中島がチーム2点目をゲットし、采配が的中。守備も立て直して3試合ぶりの無失点。今季限りで退任する指揮官が、有終の美を飾った。

取材・文●野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

オフサイド? オンサイド? ヴィッセル大迫勇也の決勝弾が議論呼ぶ。「ラインから出てるように見える」「蹴った瞬間にどうだったか」などの声

「ガチで理不尽だった」浦和FWカンテの圧巻プレー集に脚光!今季限りで現役を引退「ストライカーのお手本のような動き出し」