12月2日に開催されたブンデスリーガ2部の第15節で、田中碧、内野貴史、アペルカンプ真大が所属するデュッセルドルフは、林大地と奥抜侃志がプレーするニュルンベルクと敵地で対戦。5−0で圧勝を飾った。

 この試合で1ゴール・1アシストの活躍を見せたのが田中だ。

 まずは、1点を先制して迎えた前半アディショナルタイム、敵陣ペナルティエリアの外でボールを奪い、すかさず左足を一閃。鋭いシュートを突き刺し、今季4点目をマークする。

【動画】田中碧がカイザースラウテルン戦で決めた衝撃ミドル弾
 さらにその6分後、右サイドからのピンポイントクロスで、ビンセント・フェルマイが決めたヘッド弾をアシストしてみせた。

 デュッセルドルフの公式Xは、「左サイドからのクロスを一度は相手に奪われるも、碧がナイスディフェンスからそのままゴールに突き刺し、フォルトゥナが追加点」とこのゴールを伝えている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「恐ろしい成長」「ドイツを追い抜く寸前」止まらない日本のFIFAランクアップに韓国メディアが震撼!「尋常ではない」
 
「一昔前の日本代表が羨ましい」久保建英が森保ジャパンの“厳しさ”に本音。「過去にあまり見ない」

「トップ下と右サイド、どちらで勝負したい?」躍動した久保建英に直球質問!「もったいないかな」