[J1第34節]湘南 0−1 FC東京/12月3日/レモンガススタジアム平塚

 湘南ベルマーレは12月3日、J1第34節でFC東京と敵地で対戦し、0−1で敗北した。

 敵陣に押し込んでチャンスを作る時間帯もあったなか、52分に小泉慶に先制点を許す。終盤はCBのキム・ミンテを前線に上げて猛攻を仕掛けるも、最後までネットを揺らせず。最終節を勝利で飾れなかった。

▼湘南のチーム採点「5.5」
 前節の横浜FC戦でJ1残留を決めたあとの試合。どんなに気を緩めずやり切ろうと選手たちが自身を鼓舞しても、モチベーションを保つのが難しいゲームだったかもしれない。ただ、ホーム最終節に集った多くのサポーターに勝利を届けるため、湘南イレブンは懸命に戦った。

 前半は2トップの一角が相手の中盤を消しながらプレスをかけてボールを奪うと、ウイングバックとサイドボランチが連係して敵陣に侵入。特に岡本拓也と池田昌生、アンカーの茨田陽生が絡む右サイドからの攻撃は効果的で、クロスからいくつかの好機を演出した。

 しかし、前半は得点を奪えず後半に突入すると、ハイプレスをかわされたところを起点に押し込まれ、52分に先制点を許す。鈴木章斗や福田翔生ら攻撃的な選手を加えて、終盤は攻勢に出たが、最後まで1点が遠かった。

 大橋祐紀がシーズンを通して13ゴールを挙げたとはいえ、目標の「5位以上」を実現させるには、やはりさらなる得点力の向上が求められる。フィニッシュの精度ももちろんだが、今節のシュートの本数は8本のみ。クロスが逆サイドに流れてしまったり、ラストパスがラインを割ってしまったりと、チャンスメイクの時点でのミスが散見したため、まず改善すべきは相手のボックス内をどう攻略するか、という点だろう。

 今季の前半戦に見せたロングボールに対する弱さも、キム・ミンテの加入、つまりは個の能力と、大岩一貴や大野和成ら長身選手の配置で解決したにすぎない。得点面も含め、目標の「5位以上」へ向けては課題山積だが、山口智監督の「一つひとつ取り組んでいく」という言葉を信じたい。

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブのチアリーダーを一挙紹介!
▼湘南の出場16選手&監督の採点・寸評。

GK:ソン・ボムグン|採点5.5/47分に左からの際どいシュートをストップ。失点の場面は肩越しに打ち抜かれたが、相手のシュートを褒めるべきだろう。90+7分には最後尾からの上質なフィードでチャンスを演出した。

DF:大岩一貴|採点6/4バックに変更した試合終盤は、右SBとして果敢にオーバーラップ。逆サイドからのクロスにも飛び込んだ。

DF:キム・ミンテ|採点5.5/ディエゴ・オリヴェイラを徹底的にマークしつつ、楔のパスで攻撃の起点にもなった。試合終盤はパスの精度を欠き、タッチラインを割るシーンも。

DF:大野和成|採点5.5/ビルドアップで精彩を欠くシーンはあったが、身体を張った守備が光る。34分のスライディングは素晴らしかった。
 
MF:岡本拓也(71分OUT)|採点6/序盤は果敢な仕掛けからのクロスで度々チャンスを創出。対面のアダイウトンにも目立った仕事をさせなかった。

MF:池田昌生(71分OUT)|採点6/立ち上がりは、らしくないミスもあったが、時間が進むごとにエンジンがかかった印象。決定的なパスはなかったが、攻撃の潤滑油となった。

MF:茨田陽生(57分OUT)|採点6/自らが動き回りボールを奪う田中とは違い、的確なポジショニングで危険な場所を消す守備で、別のアンカー像を提示。正確なパスも光った。

MF:平岡大陽(57分OUT)|採点6/相手のSBの背後を突くランニングは、試合のたびに磨きがかかっている。クロス精度が高まれば、より一層怖い存在になれるはずだ。

MF:杉岡大暉|採点6/身体の強さを活かしたボールキープを見せつつ、対人守備も強固だった。セットプレーのキッカーも務めたが、得点につなげられず。

FW:阿部浩之|採点6/自由に立ち位置を取り、持ち前の高精度キックでチャンスメイク。終盤は4−4−2のトップ下に入ったが、得点はなかった。

FW:大橋祐紀|採点5.5/幅広いエリアに顔を出して多くの局面に関わり、どのプレーの精度も高かったが、ノーゴール。昨季の町野修斗を超える14点目は奪えなかった。
「多くの危険をもたらした」「彼を止める術はなかったが...」久保建英、“包囲網”の中で奮闘を現地メディアが称賛!
途中出場
MF:奥野耕平(57分IN)|採点6/守備で穴をあけない立ち位置を意識しつつ、正確なパスを左右に供給。終盤のパワープレー時にはCBに近い位置でカウンターの芽を潰した。

MF:鈴木淳之介(57分IN)|採点5.5/結果的に警告を受けたが、課題だった守備面で成長を感じさせるようなタックルを見せた。同い年の松木玖生とのマッチアップは見応えがあった。

FW:鈴木章斗(71分IN)|採点5.5/90+3分に強烈なボレーシュートを放ったが、相手のブロックに阻まれた。不慣れな右サイドハーフだったが、やはりゴールを求めたい。

MF:福田翔生(71分IN)|採点5.5/徐々に球離れが良くなっている印象で、持ち前のアジリティも活きてきた。ボックス付近でボールに絡む回数は増えてきているため、来季こそJ1初ゴールに期待がかかる。

監督:山口智|採点5.5/試合途中に中盤ダイヤモンド型の4−4−2に変更し、終盤は相手を敵陣に押し込んだが、最少失点で敗戦。ただ、J1残留が決まった直後の難しいゲームに向けて選手たちのモチベーションを維持して臨ませた点は評価したい。

取材・文●岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【PHOTO】負けられない戦いを選手たちと共に戦った湘南ベルマーレサポーター

こんなに美しい場面があるだろうか――小野伸二、ラストダンスにファン感涙。浦和の選手たちも花道「何回見ても泣く」「やっぱり別格」