現地12月3日に行なわれたプレミアリーグの第14節で、三笘薫が所属するブライトンは、敵地でチェルシーと対戦。2−3で敗れた。

 ベンチスタートとなった三笘は57分から途中出場。左サイドから何度も仕掛ける。

 とりわけ惜しかったのが、68分のシ―ンだ。ボックス内でフランス代表DFアクセル・ディサシを鋭い切り返しでぶち抜き、さらにチアゴ・シウバをかわそうとするも、最後はブラジル代表の大ベテランに阻まれた。
【動画】「えっぐ」「化け物」と反響!チェルシーDFをPA内でぶち抜いた三笘のキレキレドリブル
 このキレキレのドリブルには「えっぐ」「おっしいい」「やべえ」「化け物」「うますぎワロタ」「うますぎ」「キレッキレ」「そこ切り返すのか」「メッシやん」「完全にフィーゴみたくなってるな」「相変わらず切り返しがギュンギュン」「レベチすぎる」といった声が上がった。

 徐々にコンディションが上がっている三笘。次戦は目に見え結果を残せるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「本来の調子からはほど遠い」戦線復帰した三笘薫の状態にブライトン番記者は懸念「しばらく極上の質を証明できていないが...」【現地発】
 
「もし彼とプレーしたら気が狂う」「長所はなんだ?」マンUの155億円FWをレジェンドOBが酷評!三笘薫との“違い”を指摘!「ブライトンは270ポンドで...」

「ミトマにいじめられた」“三笘被害者の会”にまたひとり...チンチンにされた38歳の元イングランド代表がスタメン剥奪の危機「失望させた」