日本代表アタッカーの前に、チェルシーの重鎮が立ちはだかった。

 現地12月3日に行なわれたプレミアリーグの第14節で、三笘薫を擁するブライトンは、チェルシーのホームに乗り込み、2−3で敗れた。

 ベンチスタートとなった三笘は、57分に投入されると、左サイドから積極果敢に仕掛ける。
 
 小さくない注目を集めたのが、68分のシ―ンだ。敵陣ペナルティエリア内でフランス代表のアクセル・ディサシを華麗な切り返しで抜き去り、さらにブラジル代表の39歳チアゴ・シウバもかわしてシュートに持ち込もうとするも、百戦錬磨のCBに阻まれた。
【動画】「流石」「神」と称賛の声!三笘のキレキレドリブルを最後に食いとめるT・シウバ
 このマッチアップに、日本のファンから「チアゴは流石」「チアゴは強いんよ」「上手い」「すごい」「おじさん凄いっす」「よく反応したわ」「チアゴ・シウバいなかったら入ってた」「チアゴ・シウバ神」「やば」といった驚きの声があがった。

 さしもの三笘も、セレソンのレジェンドは突破できなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「レベチすぎる」「メッシやん」三笘薫、チェルシーの仏代表DFをPA内でぶち抜いたキレキレドリブルに驚嘆の声!「切り返しがギュンギュン」
 
「もし彼とプレーしたら気が狂う」「長所はなんだ?」マンUの155億円FWをレジェンドOBが酷評!三笘薫との“違い”を指摘!「ブライトンは270ポンドで...」

「ミトマにいじめられた」“三笘被害者の会”にまたひとり...チンチンにされた38歳の元イングランド代表がスタメン剥奪の危機「失望させた」