現役時代にアーセナルやバルセロナなどで活躍し、現在はセリエBのコモで指揮を執るセスク・ファブレガス監督が、レアル・マドリーで活躍するイングランド代表MFジュード・ベリンガムに関してコメントした。12月5日、イタリアメディア『Football Italia』が伝えている。

 今夏にドルトムントからマドリーへ加入したベリンガムは、ここまで公式戦17試合に出場して15ゴールと得点力が爆発。ラ・リーガで首位を走るチームを牽引する20歳の怪物は、イタリア紙『Tuttosport』が主催する欧州で最も活躍した21歳以下の選手に贈られるゴールデンボーイ賞を受賞した。
【動画】クラシコの主役となったベリンガム!宿敵バルサを破った2ゴール目
 トリノで開催された授賞式に出席したセスク監督は、「本当にクオリティの高い選手だ」と称えつつ、イングランド代表のレジェンドを引き合いに次のように評した。

「あまり良いプレーをしていないなと感じる時でも、突然ゴール前に顔を出して違いを生み出す。(フランク・)ランパードと似ていると思うよ。私がランパードと対戦した時、彼は得点を決める適切なタイミングを取っていたんだ」

 ランパード氏は現役時代、チェルシーでプレーしていた2008-09シーズンにMFながらプレミアリーグで22ゴールを記録した。セスクは、ベリンガムのパフォーマンスが、ランパード氏のプレーと共通していると感じたようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「ファンには我慢してもらいたい」三笘薫への“過大評価”にブライトン番記者が警鐘「今後は批判の対象になりうる」【現地発】
 
「ソシエダのメンバーから注意された」久保建英、同僚に“やめろ”と指摘されたオサスナ戦後の行動とは? 現地メディアは「奇妙なシーン」

「復帰に備える」久保建英が古巣帰還ならソシエダは後釜に元マドリーの“逸材”を獲得か「日本人の穴を補う」