元日本代表FW城彰二氏が1月25日、自身のYouTubeチャンネルに最新コンテンツを投稿。森保ジャパンのインドネシア戦を振り返った。
【動画】「ミスが多すぎる」城彰二がインドネシア戦を解説!
 24日に行なわれたアジアカップのグループステージ最終節で、日本代表はインドネシア代表に3−1で勝利。D組2位で決勝トーナメント進出を決めた。

 FIFAランキングで17位の日本に対し、インドネシアは146位。格下相手に危なげなく勝ったものの、城氏は出来の悪さが気になったという。

「自滅だよね。ビルドアップでディフェンスラインからパスをつなぐ時も、パスしてコントロールしてのリズムだけ。幅を使うんだけど、縦パスが入らないから、スイッチが入らないし、パスも雑。ちょっと狂ってきている」

 そして、「(パスの受け手が)みんな止まっていて、足もとでもらいたがる。全体的に流動して走れていない。ディフェンスラインから、出しどころがなかなか見つからない」と解説。こう続けた。
 
「疲れもあるのか、暑さもあると思うけど、ミスが多すぎる。あれだけミスすると、なかなか上手くいかない。キレのある選手が少なかった」

 また、スローイン時の“方向”も指摘する。

「絶対に下げる。まず、後ろから見る。モチベーションやコンディションの問題もあるのかもしれない。点を取りに行くには、まず前を向かないといけないけど、いきなり後ろを見ちゃう。セーフティにつなごうという意識が強い。もう少しアグレッシブに行ってもいい」

 今後は「決勝まで行かなきゃいけない」として、「日本の運動量が落ちている感じがする、もっともっと増やしていかないと、難しい試合になる可能性は高い」と懸念を示す。そのうえで「しっかり勝ち上がってほしい」と期待した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表のインドネシア戦出場16選手&監督の採点・寸評。5人が7点台の高評価。全得点に絡んだ9番をMOMに選出
 
【記事】「キープを求めるのは難しい」城彰二がイラク戦の浅野拓磨起用に疑問。スタメンの組み合わせは「何がしたいのかハッキリしない印象」【アジア杯】

【記事】「遠慮があった」城彰二がベトナム戦で不発の細谷真大に檄! 動き出しを評価も「『もっと出せ!』とか、声やジェスチャーを使ったり...」【アジア杯】