レアル・ソシエダの久保建英は先日から、遠藤航が所属するリバプールからの関心が騒がれている。長年リバプールのエースとして君臨してきた「エジプトの王」、モハメド・サラーの将来的な後継者候補としても見られているようだ。

 レアル・マドリーからのレンタル生活に終止符を打ち、ソシエダに完全移籍した昨シーズン、久保は9得点・9アシストとブレイク。今季も開幕からリーグ戦出場7試合で5得点をあげ、評価を高めている。チャンピオンズリーグでもデビューを果たし、1アシストを記録するなど好印象を残した。

 ただもちろん、リバプールはプレミアリーグでタイトルを争う世界最高峰のクラブだ。そのエースとして大きく貢献してきたサラーの後釜候補とあれば、久保が期待に応えられる選手なのか、ファンの注目度も大きいだろう。

『FootballFanCast』は1月26日、元マンチェスター・ユナイテッドの香川真司が2019年に久保を称賛した際のコメントを紹介。そのうえで「今季ここまでのクボのスタッツがそれを物語っている」と報じた。

「2017年にサラーが加入したときのように、リバプールはさらに築けていけることを願い、サラーの代わりとして歓迎するかもしれない」

【PHOTO】日本代表のインドネシア戦出場16選手&監督の採点・寸評。5人が7点台の高評価。全得点に絡んだ9番をMOMに選出
 また、リバプール専門サイト『Anfield Watch』は、「計り知れないポテンシャルを秘めた選手」と伝えている。

「リバプールが獲得するに適切なプロフィールの選手のようだ。だが、彼とリバプールを結びつける報道が本当かはまだ分からない」

 26日、リバプールはユルゲン・クロップ監督が今季限りで退任すると発表した。また、ヨルク・シュマトケSDも1月のマーケットをもって退任すると発表している。

 新たな時代に向かうことが確実なリバプールに、久保が向かうことはあるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「僕だったら絶対できない」久保建英が驚嘆した森保Jのチームメイトは?「安心して見ていられる」【アジア杯】

【記事】「絶対にサボらない」“守備の要”冨安健洋が称賛した日本代表戦士は?「攻撃のクオリティがあると見られがちですけど...」【アジア杯】

【記事】「韓国をしっかり見て、活かそうかと思ってたんですけど...」伊東純也、土壇場の“日韓戦回避”に言及「本当に最後までわからない」【アジア杯】