日本代表は現地1月31日、カタールで開催されているアジアカップのラウンド16でバーレーン代表と対戦。3−1で勝利した。

 堅い守備に定評のあるバーレーンに対し、日本はやや攻めあぐねるも、31分に堂安律、49分に久保建英、72分に上田綺世が得点。森保一監督は「選手たちがアグレッシブさと、我慢強さを持ち合わせて、相手の強固な守備を崩してくれた」と称える。

 一方で、64分にはセットプレーから失点。CKから相手のヘディングシュートを許し、GK鈴木彩艶が懸命のセーブで弾いたボールを回収しようとしたところ、クリアしようとした上田と交錯。ボールはそのままゴールインし、記録はオウンゴールとなった。

 日本はグループステージの3試合すべてでゴールを割られ、計5失点。そしてバーレーン戦でもクリーンシートを達成できず、4試合で計6失点となった。
【動画】連係ミスから失点。記録は鈴木のオウンゴール
 この点について問われた森保監督は「全体的に言えば、守備も改善できていると思う」と評価した一方で、こう続ける。

「今日、セットプレーからの失点でしたけど、そこはあの...まあ、うーん、お互いにコミュニケーションのところがあったりするかと思いますけど、両者とも積極的に、ボールから逃げずに行ったうえでの失点ですので、コミュニケーションを取って、積極的なパワーをしっかり守備の部分でも、よりパーフェクトにできるようにしていければと思います」

 課題を修正できるか。守備の連係面をさらに高めて、準々決勝では無失点勝利を挙げたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】森保監督に「遅刻は2度目」と指摘した韓国人記者が明かす“質問の真意”「日本は時間に正確な国と...」【アジア杯】
 
【PHOTO】アジアカップ2023を彩る各国美女サポーターを特集!

【記事】「全く受け入れられない」「なぜこんなことが…」マンチーニ監督の“職場放棄”にサウジ会長も失望。処分執行か【アジア杯】