日本代表は、2月3日に開催されるアジアカップの準々決勝で、イランと対戦する。FIFAランキングでは、日本代表がアジアトップの17位で、イランが同2位の21位。優勝候補同士の大一番だ。

 このビッグマッチの前日、週刊誌による性加害疑惑報道を受けて、主力である伊東純也(スタッド・ドゥ・ランス)が離脱。いったん発表された決定が二転三転し、小さくない騒動となった。

 選手たちの影響が懸念されるなか、森保一監督は前日会見で「できるだけの準備をして明日の試合でいま持っているベストをぶつけることを考えている」と発言。3−1で快勝したラウンド16のバーレーン戦から中2日というハードスケジュールとはいえ、その試合から大きく変更することはないだろう。

 ただ、ここ2試合は中盤に旗手怜央を起用し、事実上の4−1−4−1でプレーしていたが、その旗手がバーレーン戦で負傷(右足ふくらはぎの肉離れ)。イランのクオリティを考えても、4−2−3−1を採用すると見る。

 GKは5試合連続で鈴木彩艶(シント=トロイデン)。ここまで4試合で6失点を喫しているとはいえ、森保一監督の信頼は揺るがず、変更はないだろう。本人も自信を失っているような様子は毛頭ない。

【PHOTO】アジアカップ2023を彩る各国美女サポーターを特集!
 右SBは、過密スケジュールを考えると、最初の2戦で精彩を欠いた菅原由勢(AZ)を起用する可能性もなくはない。ただ、インドネシア戦、バーレーン戦と続けて躍動した毎熊晟矢(セレッソ大阪)は、今大会のラッキーボーイになりつつある。使わない手はないだろう。

 CBの一枚は冨安健洋(アーセナル)で間違いない。バーレーン戦の終盤に左足を痛めた板倉滉(ボルシアMG)が問題なければ、相棒となるだろう。本人は前日練習で「大丈夫」と話していたが、無理をさせないのであれば、町田浩樹(ユニオン・サン=ジロワース)の抜擢も考えられる。

 予想が難しいのは左SBだ。最初の2試合に先発した伊藤洋輝(シュツットガルト)、続く2戦で先発した中山雄太(ハダースフィールド)、どちらも可能性がある。ただ、疲労よりもここ2戦のいい流れを継続させるほうを選ぶと考え、後者と見立てた。
 
 前述の通り、旗手の欠場が確実な中盤は、4試合連続フル出場の遠藤航(リバプール)と守田英正(スポルティング)のダブルボランチ。佐野海舟(鹿島アントラーズ)を投入して、とりわけ前者の負担を軽減する試合展開にできれば理想的だが、そううまくは運ばないか。

 伊東が離脱した右サイドハーフは、好調の堂安律(フライブルク)が務める。インドネシア戦でアシスト、バーレーン戦でゴールと結果を残している10番に期待が懸かる。
 
 南野拓実(モナコ)の先発復帰も考えられるトップ下だが、やはり久保建英(レアル・ソシエダ)は外せない。60分あたりでチェンジするプランで行くのではないか。もちろん南野をトップ下、久保を右サイドで起用するオプションもある。

 注目の左サイドは、決定力の高い中村敬斗(スタッド・ドゥ・ランス)が先発と考える。バーレーン戦ておで左足首の怪我から復帰した三笘薫(ブライトン)は、スーパーサブとして残しくのではないか。

 1トップは2戦連発中で、チームトップの4ゴールを挙げている上田綺世(フェイエノールト)。イラクの屈強なDFにも当たり負けしないフィジカルを利したポストプレーと、抜群の得点力を発揮してくれるはずだ。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【記事】「正直、もう選手がどうこう言えるレベルじゃない」堂安律が伊東純也の離脱に見解「意見が全て通るとも思ってなかった」【現地発】

【記事】「この件にコメントできる立場にない」久保建英が伊東純也の離脱に言及「伊東選手の気持ちの部分が一番大事」【現地発】

【記事】ミトマのドリブルは凄まじい」三笘薫に翻弄されたバーレーンMFが森保Jに脱帽!「日本は本当に強い。優勝するだろう」【現地発】